スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜあの人の話し方は「知的で華がある」のか? : 大嶋利佳

41SQloWSy2L__SX230_.jpg


知的で華のある女性を目指す本。仕事で役立つ内容が多い。



・華がある人
 -なぜだか、あの人がいると周囲が明るくなる
 -特別着飾っているわけでもないのに、つい目を引かれる
 -いつも明るく、自信を持って堂々と生きている
 -そんな人にあうと、こっちまで元気がもらえるような気がする。

・知性とは、周囲の状況や自分の将来をしっかりと見つめた上で、
 自分自身を大切にし、もっとも自分を向上させる選択をする力

・心を強くする努力の方法。それは、自分の使う言葉を強いものにすること

・相手と親しくなりたい、信頼関係を築きたいと思ったら、まずはほめること

・人をほめることが大切なのは、それが私たちをいろいろな意味で大人へと成長
 させてくれるから

・ばくぜんとした感覚的なほめ言葉は、実はあまり効果的ではない exa.美味しい
 自分が発見した事実を具体的に指摘すること exa.材料が新鮮ね! 丁寧に下ごしら
 えしてありますね

・いくつになっても「ほめられたい」と思ってばかりで、自分からは人をほめられない、
 という人もいるものです。人をほめるとは、大人へのステップをあがる行為。
 もう自分はほめられる立場ではないと自覚し、周囲をほめようと努力することが
 成長を促します。

・効果的なほめかたをしようとすれば、自然に物事を見る目が深まり、感性も
 養われ、知識も増えていく。

・少々お待ちください △
 4分ほどお待ちいただいてもよろしいですか ○

・目上の人をほめるときには、相手を評価するような言葉は使わないこと

・客観的に物事を見られる人は「いいところはいい」と評価する姿勢が身につく

・褒めるとは、事実を認めること

・よくない励ましの例
 ーあなたはまだいい方よ。
 -男なんて星の数ほどいるんだから。…他のこととの比較は無意味
 -大丈夫。そのうちきっと見つかる…根拠がない。あなたにはこんなにいいところが
                  あるから大丈夫、のように理由をつけること。

 -わかる。私もそうだった。…自分の経験と相手が今、感じているものは同じじゃな
               い。自分の体験を語りだすのもNG
 
・悩みや苦しみを抱えている人には、あれこれ言わず、ただそばにいて、相手が
 求めるならば話を聞いてあげる、という対応が一番良い。
 苦しんでいる人を無視せず、しかし必要以上に相手の心に踏み込むこともしない。

・そう。忙しいの・・・。-相手が言いたいことが言えるように促すのが聞き役

・人を微笑ませる言葉
 ○わからないことはなんでも・・・・課長に聞いてください
 ○今日はお天気にも恵まれ、絶好の・・・会議日和になりました
 
・一部の人から嫌われるほど強い個性を持っているからこそ、大勢のファンをひきつけ
 る

・余計な気を回さず、さわやかに断ることが、自分を大切にすることにつながる。

・注意するときは「相手が悪い」ではなく、「とった行為がよくない」と意識する

・人の品格が一番現れるのが、普段とは違う強い感情が垣間見れるシーン。
 特に、注意や指導する場面では、厳しいことほど美しい言葉で、と心がける

・私はできない。だから、今、苦労しています。あなたにはそういう苦労をして
 ほしくない。

・きつく叱りすぎたら泣いてしまった、落ち込んでしまった、という場合にもっとも
 避けるべきなのは、謝ること。

・わがままと自己主張は違う。
 わがままは周囲を考えずに、感情的に好きなもの、好きなことだけを言いたてること。
 自己主張とは、周囲の状況、そして自分の本当の気持ちから判断して、最も正しい
 と思うことをためらわず主張すること

・論理的な話とは
 「こうだから、こうなる」「冷静な話」のこと。主張、理由、根拠の3点が論理を
 構成する基本の要素。

・結論を最初に言うと、話がわかりやすくなるし、何かを主張したら、理由を
 きちんとつけるだけでも説得力は上がる

・15秒で言うとしたら、と考える
 15秒で言いたいことを言い切ってしまい、その後、時間があるようなら付け加えを
 する。自然とポイントが先にでる

・●知的な話をするためには
 体験を増やすこと。他の人の意見や体験談を収集する。書籍などから情報収集。

・活字に親しむことが知識を身につける第一歩であり、基本。
 周囲にあわせていては、レベルの高い人間関係は作れない。







本のターゲットが、20,30代OLに見えるけど、まぁいいかと読んだ。ゲイだしね。




自分自身、常に知的に生きたいと思っているので、おもしろかった。
最も、自分にはまだまだ知識も経験も人とのかかわりも足りていないので、まったく知的ではないのだけれど。


男なりに「華」も持っていたい。基本的に女の人に負けたくないんだろうな。

なんだか自分の在り方について考えさせられた。
こんな本ばかり読むから、どんどん現実世界の人間からかけ離れていくように感じるんだろうか笑


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/97-0d55a322

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。