スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっておき作品集 : 江國香織

51JT7F2JNML__SS500_.jpg


処女小説、絵本、短編小説、家族の記録=ぜいたく。
著者の人間性が分かるような作品。




・上映中はノースモーキング、ノードリンイング、ノーセックスです

・この巨大な国で、一人っきりでいられるほど、どちらも強くなかったのだ

・rice(米)というとlice(しらみ)に聞こえる

・私はここで過去を持たず、過去を持たないということは、結局何も持っていない
 ということだった

・恋をするたびにいつも真剣になれたらどんなにいいだろう。

・スパニッシュは愛国心と仲間意識がけたはずれに強い

・まわりから孤立すればするほど、彼らは2人きりで純化されていくようだった

・彼女の美しさはどこか植物的だった。はかなげで、ピュアだ。
 水がなければ、すぐに枯れてしまう。

・ギネスブックにのるほどの長いキス

・いつも母国語ではない言葉でコミュニケートしているのだ
 愛をささやくのも、すべて英語なのだ。何て、不安定なことだろう。

・薄い薄い笑顔。一枚はがしたら少しも笑っていないにちがいない笑顔。

・私ね、世の中に、悲しい結婚式があるなんてこと、この間まで知らなかったわ

・「部屋いっぱいに夢がたちこめているの。だからその空気に水をさす人が必要なの」

・姉は、悲しいときや辛いときには泣いたことがない。衝撃を受けたときにだけ、
 泣くのだ。







処女小説「409ラトクリフ」は純な愛が描かれている。

恋をするたびにいつも真剣で、いわゆるゾッコンになる登場人物は、
とてもピュアだな、と思った。
愛すことで、ようやく生きながらえられるような。
正直、うらやましいな、と思う。そんな人間になれるのだろうか。




この本のハイライトは著者の父が残した江國香織の記録。
生まれたときから6歳ごろまで綴られているが、これがまた楽しい。

著者がいかに幼少期から感性豊かであったか、物語っているよう。
そして父・滋氏の文才を確実に引き継いでいる。

こういう親が残す子どもの成長の記録、みたいなものを普段は読まないので、
感動すらしてしまった。

子どもに限らず、人の成長を見ることができるのは、本当に楽しいことなんだと思う。



残念ながら自分は子どもを持つことが容易ではない人種なので、
悲しい気持ちにもなったりした。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/94-2f8238a2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。