スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 : 勝間和代

080122_01_thumbnail.jpg


著者式勉強法。

・どのような勉強をするにも共通の5つのコツがある
 1基礎を最初に徹底的に学ぶ
 2先達から、勉強の仕方をしっかり聞く
 3学ぶ対象の基本思想を理解する
 4学んだことを自分のことばでアウトプットしてみる
 5勉強をわくわく楽しむ

・そもそも人間の仕組みが、なかなか成果の現れないものよりも目の前に迫る
 緊急の大事なことを優先するようにできている

・世の中全体では、どこかで、必ず誰かが勉強していますから、社会はだんだん
 賢くなっていく。そうすると、自分が勉強しないと、相対的に社会に
 置いていかれる

・私たちも繰り返し自分自身のキャリアに、勉強という形で自己投資していかないと、
 倒産してしまう

・続く仕組みをつくっていない社会人の勉強は、絶対に続かない

・勉強をRPGにしてしまえばいい

・短期間で結果を出す人たちに共通するのは、辛抱強く、半年間、基礎力をつけること 
 に集中できる、ということ

・一人で勉強する際は、どんな仕組みでもいいのでアウトプットを起点にして、
 そこからインプットに戻る、という方法がよい

・通学がいいのは、定期的に試験があること(アウトプット)。
 アウトプットが多い勉強は、面倒で、効率の良い、勉強の近道。

・とにかくインプットしたときと同じくらいの努力や時間をアウトプット(職場での成果、ブログに表す、テストを受けるなど)に費やせ

・書き物をする場合
 1書くことは呼吸すると同じくらいの肉体労働として位置づけ、とにかく量産するこ
  と
 2売れるか、売れないかは時代と合うかどうか。
 3自分しかわからないものなど書かず、エンターテイメントのための文学として存在
  すること

・さまざまな学習法のうち、もっとも効率よく、かつ、モチベーションが続きやすいの
 は、同じぐらいのスキルの生徒が集まって、お互いに切磋琢磨して学びあう、コミュ
 ニティー・ラーニング

・勉強法において差別化できるのは、道具とやり方

・理論体系をはじめに大枠でつかんでから、細かいところにだんだんと入っていく

・世の中に、一時間6000円の商売が非常に多い。その人たちがもらっている給料が、
 だいたい自給1200円相当。=1200円より高い給料をもらいたければ、
 一時間6000円以上の付加価値を出しているかどうかを毎日突き詰めていく必要




まず、最近、勉強を呆けている自分を反省。

幸せにはある程度の豊かさが必要だと思うけど、
その豊かさの一部であるお金を得るには、どうしても収入がかかわってくる。

自分なんていちスーパーのいち店員なので、正直言って給料は世間の仕事から見れば低い。
他人と違う価値ある仕事をしたって、専門学校卒業というだけで、まわりの大卒の人間より
給料がさらに低い。

愚痴を言ってしまえば、実力主義の給与制にしてほしい。
だって、そのほうが正当かつ、意欲につながるはずだから。


もし好きじゃなかったら、すぐにでも辞めたいところだが、
やっぱり好きなので、やめられないのが実情。財布の現実との折り合いが続く。


でも、勉強を続けていくことにはきっと意味がある。
年収10倍とはいかないかもしれないけど、
蓄積されたものは、自分を変える力になると信じてるので、
この本に書いてあることに挑戦するのは悪くないと思う。(何様だろうか)

むしろやるべきだってみんな分かってるんだろうなぁ。
お金うんぬんより、自分の人生を
より豊かにするためには、最終的に個人の努力=勉強しかないんだろう。






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/91-a92d81e0

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。