スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂 : 柳美里

4093792054_09__SX200_SCLZZZZZZZ_.jpg


命 四部作の 第二幕。

著者、その子ども丈陽、そして元恋人である東氏。
3人で2年間暮らすために奔走するその姿。有様。



・彼の脚にしがみつく夢をみた、ということにあらためて驚き、ショックを覚え、屈辱
 感でいっぱいになった。

・今度こそどんな夢も入り込む余地がないほど疲れ果てていた。

・わたしは願いを握りしめ過ぎているのだろうか。

・長持ちするもので部屋のなかを埋め尽くせば、東の命も長くなるような気がした

・赤ちゃんの唇がこんなに赤くてきれいだとは思わなかった

・微笑みが顔から消えても、出遭った瞬間の微笑は傷痕のように心に残っている。
 微笑みは約束だと思う。微笑みを交わした瞬間、ひとは目の前の相手となにがしかの
 約束を結ぶのではないだろうか。

・東は微笑むことで、生きることを希むのではなく、ただ尊んでいるように見えた。

・丈陽とわたしは共に生きていく運命にあるのだが、決してよりかかってはならない。

・淋しさにのしかかられて、わたしの精神は地面すれすれまで斜めになっている。

・医者が技術を身につけるのは当然のことだけど、技術以上に言葉を鍛えるべきだ。

・わたしは生まれてはじめて、夫に生活費をもらい、家事と育児だけに専念できる主婦
 を羨んだ。

・過去を共有すると、未来にも手を伸ばしたくなる。

・わたしは現実よりも希望を選んでしまった。

・混乱の渦のなかで、  彼の言葉にしがみつき、実際には小枝を握りしめていただけ

・自分に対する疑いを含まない確信は必ず過ちを犯す。
 確信とは、疑いの果てに揺らぎながら存在するものでなくてはならないのではないだ
 ろうか。

・お香典治療というのは不必要な延命措置のこと

・考えはひとつ積むたびに崩れてしまう。

・彼に対する感情は幾重にも堆積している

・隙があれば、わたしは彼のことを考えている。

・コップを倒したように涙があふれ出た。




未婚の自分には、赤ん坊を持つ出合いも今後ないと思っているが、
命を支えることの素晴らしさみたいなものを、この本から教えられた。
愛があるからこそ、人は支え合えるんだろう。

著者の元恋人の男性(丈陽君の父親)には、正直うんざりするが、
男とはそういうものかもしれない。実際、そういう人間にも出会ったことがある。
遠藤周作の本にもあったが、父親、夫という立場より、常に「男」という感覚が一番上にくるのが、
男性であるから、女性とのズレがあるのは、仕方のないことだが、それでもあまりの無責任さに、
読んでいて悔しくなる。


そんな男がのうのうと世間には生きているのかと思うと、本当に嫌気が差すのだが、
自分もそうなる可能性があることは否定できない。男だから。
愛というものが人を変える力は計り知れず、
深くなれば深くなるほど、どんどんと人は変わっていく。良くも悪くも。


癌治療をしている人間に出合ったことが一度もない自分は、幸運ともいえる。
東氏の体調について読んでいると、こんなにも苦しいものなのかと、同情の念がよぎる。
同情しかできない。

著者の、できることは全部やろう、という意思がとても好き。
崩れそうになる感情の中でも、しっかりと根が張っている彼女の思考には敬服する。

今後、自分の人生の中で、癌を患った人に出合うだろう。
そのときは、著者のように、支えてあげたい。
祈るより、支えてあげたいと思った。


何を書いてるのか分からなくなったが、
言いたかったのは、この本からの一番の印象は「支える」という言葉。
とても素敵な日本語だと思った。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/69-6050a669

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。