スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと : 原田 真裕美

86113928.jpg


魂を透明にする。
新しいものの見方を教えてくれた。




・人が迷い悩むときというのは、「自分にとって大切なこと」を見失って、とても偏った観念に捕らわれています。

・とにかく続けていくことが、その人をその道のプロにしていく

・人間は自分の本当に望むように生きなければ、何を与えられても幸せになれないで、一生苦悩する

・心というのは、お天気や体調、その場の状況、他人の意見など、いつも外部からの影響を受けて、
 めまぐるしく変わっていくもの
 魂というのは、この世に生きるものにとって共通の「究極の正しいもの」「究極の幸せ」を知っていて、
 外部がどんな状況になろうとも、変わることはありません。

・魂に響くものだけを追いかけていれば、自分にいらないものが、どんどん排除されていきます。

・夢のない人からは、とっても事務的なエネルギーを感じる

・情熱は生命力の現れ。

・愛は生きるうえで発生する、さまざまな毒や不純物を浄化する働きがある

・愛し愛されることに感謝して、愛を循環させていく努力をしながら、大切に愛を育てていく。
 愛を持ち続けることは、命や健康を維持することと同じ

・決して愛を試したりしないこと

・愛は循環していないと、枯渇していくもの

・受け取る愛は純粋な愛のみと決めて、愛を装った支配欲や、便宜上の目的が絡んだ愛情表現など、
 不純なものは受け取らないというふうに、決めておくと、自分の中で境界線が引けて安心ではないでしょうか。

・愛されることを望む前に、愛を与えてみる。

・意識して何にでも感謝できるようにしないと、失念してしまって、いつの間にか横柄になったりしてしまう

・なぜ自分はそれをやるのか、それにこだわるのかをいつも自分に問いかけてください。
 それがあなたの信念へとつながっていきます。

・自分の魂に必要なものは純粋で澄みきったものだけ。
 濁った感情も、自分を振り回す情報もいらない。

・満たされないものの根っこに気付くこと。

・優越感に満たされているときというのは、過去を眺めているということ

・涙が出るならどんどん泣いて、自分の魂の一番深い部分に、どんどん落ちていきましょう。
 そこにあるのは、自分のあるべき姿です。グチャグチャに渦巻く気持ちの底には、シーンと
 静まり返った、自分の芯の部分がある。

・パートナー。どんなに意見が分かれても、いつも味方であり続けることが原則

・直感を磨くには、まずは直感を絶対的に信じること

・絶望的な気分に陥ったときは、いったん自分を空っぽにしましょう。
 静かに横たわって、何も考えずにしっかり休んで、新しいエネルギーを溜め込んでください。
 ネガティブな考えをプラスに変換するイメージで、メディテーションすると効果的

・生命力にとって、幸せを感じることが一番の栄養

・自殺するということは終わりではなく、無念の魂になって、
 その悲しみを永遠に抱え込むこと

・自分が向かいたいところへいつもチャレンジしていないと、もともとあった才能や技術さえ、
 発揮できなくなってしまう。

・本物を追求する生き方

・不安に立ち向かっていくと、強くなれる。

・自分で抱えきれない、許せない思いは天のゴミ箱へ捨ててしまいましょう。
 目の前にいつもあるごみ箱にポイ!と入れるイメージ。

・仕事以外にも、自分の生活パターンが慢性化してきたと感じたなら、何か新しいことをやってみるように。
 ちょっとしたことでよい。

・人を魅了するパワーは、その人の生き方、考え方、愛情の深さ、誠実さ、内面の美しさなどによって湧き出すもの。
 それらを備えた人間になりたいと、本気で望むこと。

・生きる力を整えること

・自分に一番必要なことに時間を使う、これが時間を大切にするということ
 パフォーマンスをあげるために、合間にだらだらしたり、ボーッとすることが必要な場合もある

・同じ地球上に存在する国の間で戦争するなんていうのは、地球にとってダメージでしかないわけ。
 誰かが勝利をおさめるというのは幻想。誰も得なんてしていない。

・地球規模、宇宙規模で考えてみたら、価値観や文化の違いでグレーだったところが、クリアになってこないだろうか。

・宇宙規模で物事を捉えると、ゴチャゴチャしたことで振り回されるのがバカバカしくなってきます。

・運命は強い意志には勝てない





特に印象に残ったのが、魂の例え。

魂は水槽のようで、水が濁っていれば、魂も濁っているということ。
だから常に透明であれ、と記されていた。


あと、宇宙規模の考え方。
これは、とってもいいと思う。
特に小さいことに対して、考えすぎな面が自分にはあるので、
読後、とても役に立っている。




素敵な風景写真がいくつもあり、それを見るだけでも楽しく癒される内容になっている。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/62-6f1e1432

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。