スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命 : 柳美里

c0045337_22503043.jpg

生と死。
強さと、弱さ。
その狭間で生きる。




・つきあうと執着が生まれて苦しくなるから

・重要なことを話さないことも嘘である

・彼は相も変わらず物語を紡いでいるだけなのだ

・生と死がくっきりとした輪郭を持って迫ってきたとき

・自分が吐いた大きな嘘の渦のなかで、なにかしらの真実を求めてあがいていることだけは
 理解できたが、虚空を両手で必死になって掻きまわしているとしか思えなかった。

・妻としてはいまの女性のほうがいいんでしょう、あなたを妻にしたいとは考えていないんだ。
 家庭を大事にするカサノヴァっていう役を気に入っているんだろうね。

・血の色をした復讐という文字が滲みあがった

・この世に生まれて、色んなひとに出逢っても、自分の子どもに巡り逢えない人ほど淋しい人はいません。

・知性や才気だけでなく、魂というしかない静謐(せいひつ)な精神を感じさせる女性

・悔いの残らない余生

・わたしは死を受容しつつ、なお、生の可能性を信じて治療をつづけることが、命と正面から向き合う道
 だと考えている

・強くなるから、などとはとてもいえない。私の意気地のなさを認めてほしかった。

・気取りも衒い(てらい)もない独特の文章でつづられていて、読んだあとにかならずうれしくなる。

・うっすらと偽善の埃がかぶっているように思え

・わたしはなにかに逼迫(ひっぱく)すると、・・・すぐに死のイメージを思い浮かべてしまう、
 まともな人間からすると胸糞悪くなるにちがいない甘えの世界

・苦痛で充たされた生

・わたしは護られたい、救われたいという自分の願望に溺れていた。

・必死になって世界と呼吸を合わせている赤ん坊

・東は両腕をあげ、助産婦がその腕のなかにそっと赤ん坊を乗せた。命の重さ。

・わたしたちの会話には起伏がなく、温度もなかった

・幸福は状態ではなく、瞬間のなかにしか存在しない、一瞬一瞬煌いて消え去るもののような気がする

・ほうとうはすべてのひとの命が日々失われているというのに、そのことに鈍感になっている。いや、
 鈍感にならなければ生きていけないのだ。







著者は強い。
不倫の末、その男性の子どもを身ごもり、それをきっかけに別れが訪れる。
それでもその子どもを生み、癌に冒された元恋人とともに生きようと決意する。
柳さんの赤ん坊と同じように、柳さん自身、必死に現実に呼吸を合わせているようだった。


著者の母親の言葉。
「この世に生まれて、色んなひとに出逢っても、自分の子どもに巡り逢えない人ほど淋しい人はいません。」
心に残った。
同性愛者の人間はやはり淋しい生き物なのだろうか。
自分の子どもを持つことを諦めざるを得ない今の日本の環境、世界の状況を嘆き嗤うしかないのだろうか。



命の重み、なんて容易く言えるが、どのくらい重いのか今までよく分からなかった。
だがその重みは、両手で計測できるんだと初めて気付かせてくれた。


ありがとう。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/56-69223aac

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。