スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛らしさの匂い(光野桃)

kawai.jpg

花を贈ったとき、その女性の本質がわかる
花束を渡されたときの、一瞬の表情
その花をどう扱うかでは、もっとわかる

中途半端な笑顔で、つくった笑顔で、愛されることだけを望んでいるーいまの日本にはそんな女性が、とても増えた気がする


きれいとか、美味しいとか、そのときの5感で感じる直感だけを頼りにしたい

彼女のまわりの空気は澄んでいる

無欲な人は清々しく、男性であっても女性であっても「男」度や「女」度が低いように思える。それは考えてみると多分中性的な要素ではないか

全身を一分のすきもなく飾り立てるようなおしゃれに間は存在しない

服と顔のみごとな一致。

顔は生まれたときから選ぶことはできない。選ぶことができる服装は、その人の来歴が示される。その意味では顔よりも雄弁かも

命の色

仕事場を訪れてくれる人の手に花束があると、ああ忙しいのに花屋さんに立ち寄って選んで作ってくれたのだなぁと嬉しくなる

シャツの美しさは後ろ姿にある

時計と、やはり靴。男の内面はこの2つに集約されて出る、と思う。装飾性の強い時計などを見ると、この人は自分の現状に満足していないのだろうな、と思ってしまう。

ここに訪ねてくる人をもてなしたいと思うとき、花を飾ることでしかできないもてなしがある。ただ美しい花。

男の内面は髪に出る

日本においては禿が、まだまだ市民権を得ていない。だから隠そうとする

女が無意識でいても可愛いのは25まで

一番怖いのはつくられた「男らしさ」「女らしさ」を信じること
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/335-f144c42c

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。