スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向田邦子の遺言(向田和子)

kazuko.jpg

万一の場合、次のようにしてください、で始まる文書

「あなたには小料理屋をやってほしいの。女同士でも気軽に入れて飲み食いできる店って、案外少ないから、いけると思う。あなたは料理が上手だから、あなたの手持ちの料理でとりあえず始めても、やれるんじゃないかしら。お金は私が出すから、場所もいい、人気もいいところで、やりましょ。」

そもそも通帳というものを持っていないのだから貯金のしようもなかったのだ。3代目の江戸っ子で、ゼニは持たない主義であった。サラリーが安いこともあって、半端に貯金するくらいなら、自分自身にもとでをかけたほうがあとになって得なのよ。と、利いた風なことを言って、遊ぶほうに忙しかったのだ

おひろめ
蓮根のきんぴらや肉じゃがをおかずにいっぱい飲んで、おしまいにひと口カレーで仕上げをするー
ついでにお惣菜のおみやげを持って帰れるー
そんな店をつくりました、店は小造りですが味は手作り 雰囲気とお値段は極くお手軽になっております
ぜひ一度おはこび下さいまし


どの庭には何の木があり、何月頃にはどんな花をつけ、どんな匂いがするか、7年の間に覚えこみ、これが私のささやかな四季であった。

ありったけ泣いた

感動も何もない人生の青写真を作って、その通りに生きようという人間は、姉が最も軽蔑していた

あの麦藁手の茶碗でお茶漬けを食べたらおいしそうだな

鉛筆一本の細々とした稼ぎ

一日の24時間は速かったり、遅かったり、そのときによって違って感じられる。長い一生において、どんな人の時間でも、あるときは速く、あるときは遅く流れるのだ。だから、どこかで帳尻合わせができている。そのときどきで、あわてず、ゆっくり、見極めながら生きればいい。この歳になって初めて、気付いたことである。


--------------------

向田邦子さんは本当に生き方が素敵。家族想いで、「潔い」人だと感じました。
潔い人、ってやっぱり魅力的で、自分もこんな人に少しでも近づけたらいいなと思います。

そしたら、もっと人生たのしくなりそうです。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/332-b150b46e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。