スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の試み(福永武彦)

ainokokoromi.jpg


一体愛という言葉の語源には、 agape と eros との2つの言葉がある。アガペーは兄弟愛であり、エロースは欲望としての愛。
前者は静的、後者は動的。

孤独。それは弱さでもなんでもなく、生きることの本質的な地盤

絶望的な作品の真の効用は、読者がそれを追体験することによって、そのような種類の絶望を乗り越えさせる点にある。それは免疫ということに似ている。

赤ん坊の持つ孤独は人を微笑させる。

人が一般に自分の孤独に気がつくのは、自分の心に何ものかが欠け落ちているのを知るとき

ひとつの愛に夢中になった者には、それ以外の愛は眼に映らない

赤ん坊がひとり無心にたわむれているのは、その内部に自然に湧きだした愛が充足しているから

僕らは子どもの時に傷つけられた経験を何度も重ね、次第に孤独を意識しはじめる。エゴの不満足の状態

子どもが泣くように大人は泣くことができない。

恋を恋する

しかしどこに彼のための、ただ一人の、運命を約束した恋人がいるのだろうか。彼は多くの異性に会い、その一人ひとりに無意識の計算をし、ああでもないこうでもないと考える。小さな結晶作用が生まれては死ぬ。

愛し始めた人間は、客観的な時間とはまったく別の次元の中で、彼自身の時間を生き始める。

愛は二人が時間を合わせようとする努力の中にあり、しかも内部の時計はしばしば狂いやすいから、愛しあうことは一般に難しい

青春の緒(いとぐち)

初恋はおおむね、淡淡しく終わりやすい。それはこの経験が、まだ若々しい魂に孤独を認識させ、愛の可能性を示し、一時的に孤独から脱出する方法を教えることに、その使命を持っているから

花車(きゃしゃ)な肩

孤独は年齢とともに一層研ぎ澄まされていくだろう
しかし愛は単に可能性としてあるだけ

バルザック「人間喜劇」・・・「情熱は人類の全部である。情熱がなければ、宗教も、歴史も、小説も、芸術も、無益なものとなるだろう。」

スタンダール「恋愛論」・・・愛の発生について。7つの時期。
1.見とれる
2.キスをしたりされたりしたらどんなにいいだろうと考える
3.希望
4.愛が生まれる
5.最初の結晶作用
6.疑惑が生じる
7.第二の結晶作用


あやまりやすいのは、結婚という肉体の所有によって、相手の魂までも所有したように考えること。愛の完成が結婚ではんく、愛というものは二人の間に進行中なのだ

愛とはなんだろうか?それは相手の魂を、また相手の孤独を所有しようとする試み。

自らの孤独を恐れ、その空虚に耐え切れずにぜひともそれを埋めようとするが、それは自分自身後からではどうにもならないものだ。
愛は常に他者のためにあるので、自己のための力ではどうにもならない

「あいつの考えている人間は、現実のぼくじゃなくて、あいつの理想の男性としてのぼくなんだ。」

愛されることによって、自己の孤独を忘れ、傷跡を癒しながら、一方では相手を愛そうとする。いかにも虫のいい願い。

愛されることより愛することは百倍も尊いし、愛の本質はあくまで愛すること

憐憫、あるいは同情というものは、対象を愛している故に起こるものだが、そこには明らかにエゴの無意識の優越感があり、相手の孤独に対する余分のおせっかいがある。

嫉妬は、すべての孤独を自分一人で所有したいエゴイムスの表現。そこには愛することと同時に、愛されたい欲求が混じっていることを忘れてはならぬ

精神的な快楽は繰り返されることによって快楽として洗練され得るが、肉体的な快楽は繰り返されることによって効果を減じる
しかし精神的であれ肉体的であれ、人が愛に於いて求めるものは、まず快楽

愛がただ快楽のみを目的としている場合は、その快楽を純粋ならしめるために、愛は急激に燃焼しなければならない。すなわち、その快楽が錯覚

現代人は、奇妙に、愛を純粋な行為ー理知や精神のまったく干渉し得ない魂の行為として、認識することができない

愛はあふれだすもの

自己の孤独を顧みることはあっても、その孤独を埋めるために相手の愛を利用しようと考えてはならない。


自己の傷を癒やす前に、まず相手の孤独を癒やしてやろうと考えることが、愛を非利己的なものに高めて行くはず

自己の孤独の意識によって常に少しずつ愛の炎を冷まされながら、火の消えぬように保ち続けないといけない

お互いに人間らしい間違いをしばしば犯しても、なお許し合い、理解し合い、希望し合いながら、同じ道を歩んでいくものだ。相手が完璧でないことを知り、それ故に、一層深く愛する事ができるというのでないと

お互いに自己の理性的な判断を主張し合い、愛という共通の場の範囲内で、二人がその愛を正しく成長させるための方法を、遠慮すること無く論じ合う必要があると言いたいのだ

しかし自己の孤独を恐れることなく見つめ得る人間にとって、生は必ずや無限の可能性を含んでいるはずだ


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/331-53db89cf

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。