スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺書 (与謝野 晶子)

isyoyosano.jpg



洋服などは直ぐ小くなるのですから下へ譲つて行かなければならないではありませんか、さうした物質的のことで親の愛の尺度は解るものではありません。

世の中のことは二三年もすれば信じ切つて居た物の中から意外なことを発見するものであるなどと、私は人間全体の智慧の乏しさ

それには涙に匂ひが附いて居るので

亡霊になつてからまだあなたのお顔だけはしみじみと見たことが初めの一度きりしかないのです。

双生児と云ふものは普通人の想像の出来ない愛情を持ち合つて居るもので、まだ生れて四五月目から泣いて居る時でも双方の顔が目に映ると笑顔を見せあつたあなた達

大人ならば到底眠れないだけの悲痛な音がこの子の心臓に鳴つて居る筈である





双生児への想いに、なるほどと、そしてなんて神秘的なんだろうと思った。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/286-04b54d85

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。