スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方

612JsXKH-wL.jpg


銀座ママの感覚で男の違いを語るこの本。


結論からいうと、少し浅い内容で、いまいち僕には共感できませんでしたが、
参考になる部分もありました。




・身に付けるものに「気を遣う」は「着を遣う」こと

・クラブで飲んでいるときにちょっと暑いからとジャケットを脱ぐ際、
 本当に洋服を大事にしている人は、脱い上着を裏返しにして半分にたたむ

・クリントン氏のように、一瞬で観衆をひきつけるための努力を惜しまず、
 いつも自分をよりよく見せる服装を心がけるべき

・足元は第二の男の顔(靴をちゃんと磨く)

・お酒は一緒に飲む相手に選択支を与える

・リスクを恐れて何もしないことが一番のリスク

・細やかな気遣いをしているお店の支払いに、くしゃくしゃの札は無神経

・人を説得したかったら、自分は何も知らないふりで、相手に気付かせること

といった言葉が印象に残りました。


特に服に関しては、納得。いつも楽な格好ばかりしている自分なので、
もう少し着るものについては、考え直さないとと反省でした。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/25-30424f6c

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。