スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡瓜 (北大路 魯山人)

kyuuri0830.png





今日では温室栽培の向上によって、くだもの、野菜など季節がなくなってしまった。

しかし、促成野菜を味なきもののようにいうのは、促成野菜の価値を認識しない批評であって、促成野菜は、いわゆる旬のものにない味わいを持っている。従って、軽々に取り扱うのは考えものである。

昔は旬のきゅうりという一つのものであったが、今日では促成野菜というものができて、きゅうりもなすも二種類になっているわけである。従って促成と季節と楽しみは二つにふえているわけである。

大きくなっても種がないうちはうまいが、種ができるように成長してしまっては落第である。







促成栽培のものでも旬のきゅうりとはまた違う味わいがあるようで。
そう考えて食べたことがなかったので、面白いですね。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/233-7513396e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。