スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唇のねじれた男 (アーサー・コナン・ドイル)

kutibirunezire.jpg






・「確かに、歩く際、足を引きずらねばならぬ。だがそれ以外は、力も強く、健康な男だと言えよう。君も医者の経験からわかるだろう、ワトソン、どこか一箇所が悪くても、たいてい他のところが発達して、それを補うものだ。」






普段ミステリーはあまり読まないのだけど、たまには楽しいものですね。
痛快な内容でありました。

あまり印象に残る文は見られなかったのですが、上記の赤字の部分がめちゃくちゃ心に残りました。
「真理!」と思って。体についてもいえますが、性格とかなんに関してもそうですよね。
誰だって欠点があって、それを補うように良い部分があって。そんなアンバランスさが人間の魅力でもありますが。
なんだか励まされるような一文でもあったのでありました。



ではまた。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/219-6ea80a96

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。