スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうすれば必ず人は動く : デール・カーネギー

kousurebakanarazu.jpg

幻の書。


・間違いを犯したら、速やかに、十分にそれを認めること。それが一番賢明

・どんなに人が間違っていると思えても、人を悪しざまに非難してはならない。

・シュワッブは人を非難することに何の価値も認めませんでした。

・人を誉める名人

・その人自身の過ちに気付かせなければならないならば、その人の感情を傷つけない
 ように、上手に、思いやりをもって行うこと。
 その人の面目が保たれるようにすること。

・赤ん坊というのは、大きな音と空中を落ちていく感覚という2種類の恐怖心しか
 持っていない

・できるでしょうかって?誰がそれを妨げていますか?自分だけでしょう。

・自分を内気で引っ込み思案な人間だと思うことをやめること。
 失敗などありえないというふうに振舞うこと。
 一番大事なのは、あなた自身が自分をどう思っているかということ。
 勇気があるように振舞えば、次第に勇気が自分のものになっていく

他人もあなたと同様に自分のことしか考えていません。

・自分が相手のことを怖いと思ったらそのとおりのことを相手に言うことは効果的。
 (その人が本当に大切な存在なので)お会いするだけで膝がガクガクする)と言えば、
 相手は誉め言葉と受け取る

・人間性のもっとも深いところにある動機は、認められたいという強い願望。
 相手のことについて話をすれば、その人は何時間でも話を聞いてくれる

・お世辞は利己的で不誠実なもの。うまくいくわけがない。
 自分のことを忘れて無私の気持ちで相手に対する興味・関心を抱けば、友人を作ろう
 などと考えなくても、友人ができるということ
 その結果、おそらく収入も増えるでしょう。なぜなら、ビジネスというものは
 最終的に自分の気に入った相手と行うものだから。

面接の直後、その面接担当マネージャーに面接の時間をとってもらったことに対して、
 礼状を出すのは良い。ほとんどの人はこういうことはしない。


・仕事ができると思っています、なんていう人を雇うような工場長はいませんよ。

・友人をつくるためのあなたにとっての最初のルールは、自分のことを考えるのを
 やめて、相手のことを考えるようにするということ

・自分の問題ばかり考えてお客様の問題を考えようとしないセールスパーソンが多い

お客様への手紙に書くこと
 ご利用いただいて本当にありがとうございます。
 サービスさせていただけて、うれしく存じます。
 また、おいでいただけることを楽しみにお待ちしております。

・ビジネスや職業の種類にかかわりなく、成功に占める高度な知識がカバーする割合は
 およそ15%であり、85%は人柄と人を扱う脳力次第

・私たちは、自分が正しいとわかっているとき、相手が間違っていることを示したい
 という衝動に駆られる。相手が間違っているとは、決して言わないこと

・人前で誉める

・誰かに苦情を言いたいときは、まず相手に何か誉めるところがないか考える

・もし心からお礼と感謝を表す習慣を身につけられれば、皆さん、もっと幸せになって、
 もっと友人も増え、そして多くの人々が収入を増やすこともできるようになる

・ビジネスで成功するいちばんの方法は、人からいくら取ることができるかということ
 をいつも考えるのではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えること

・世の中に何かを与えよう、そのためにはどうしたらいいのかを見つけ出そうと
 試みてください。自分の中に何か他の人が求めるものがないか、それを発見して、
 その他の人の求めるものに誰よりもよくこたえていこうとしてみてください。
 それが成功の秘訣であり、すべて。


・人間性のもっとも深い部分にある衝動、それは自分が重要な人物であるという認識を
 得たいという欲求。例外なく、誰でも。


・プレッシャーがあるほうが、より大きな成果があがり、さらに疲労感も少ない

・いつでも、相手の利益はなんだろうかと考えて話をする

・自分のもっとも恐れていることを実行すること。
 恐怖心を打ち負かさないと、恐怖心があなたを打ち負かす


・人の名前は魔法。覚えるルールは
 1.名前を覚えたいと心のそこから願う
 2.その人と名前に、明瞭で生き生きとした印象を作り上げる
 3.連想
 4.反復。(クラウディアさん!クラウディアさん!クラウディアさん!)

・いったん自己愛に陥ったならば、大抵の場合、一生涯続くロマンスが始まる

・「人に好かれたいと思うならば、自分がいかに頭がいいかを吹聴したり、
 過去の栄光を喧伝してまわってはならない」

 
・自分をさげすむ者は、人もまた彼をさげすむ






流行らないガソリンスタンドの店主がお客様に感謝だけを綴った手紙を送ったところ、大繁盛するようになったストーリーが
一番印象に残っている。
感謝がいかに人の心を動かすかが明確にわかる本だと思う。

基本的にカーネギーの「人を動かす」とかなり似通っているが、こちらのほうが実用的だと思う。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/199-9962fa01

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。