スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する日本語 : 小山薫堂

koisurunihongo.jpg

日本語の美しさを堪能できる35のショートストーリー。


・あえか・・・はかなげなさま

涵養(かんよう)・・・水がしみこむように、少しずつ養い育てること

・紐帯(ちゅうたい)・・・人と人を結びつける重要な役割を果たすもの

気宇(きう)・・・心のひろさ

・転た(うたた)・・・ますます、非常に。転じてなんとなく。

・相生(あいおい)・・・夫婦が一緒に長生きすること

・如意(にょい)・・・物事が思うようになること

・赤心(せきしん)・・・偽りのない心。人を心から信用して、全く疑わない心。

玉響(たまゆら)・・・ほんの少しの間

・泥む(なずむ)・・・なかなか進まない様子。行き悩む

僥倖(ぎょうこう)・・・思いがけない幸福。

・偶さか(たまさか)・・・偶然。たまたま。

・那由他(なゆた)・・・極めて大きい数。古代インドの数の単位。
 exa.「私のことどのくらい好き?」「なゆたさ。」

夕轟(ゆうとどろき)・・・恋心などのための夕暮れ方、胸がさわぐこと

・終夜(よすがら)・・・一晩中。

・一曲(ひとくねり)・・・ちょっとすねること

・時雨心地(しぐれごこち)・・・時雨の降ろうとする空模様。
               転じて涙が出そうになる気持ち。

恋水(こいみず)・・・恋のために流す涙

・焔(ほむら)・・・心中に燃え立つ激情を炎にたとえていう。

・恋風(こいかぜ)・・・せつない恋心を、風が身にしみわたるのにたとえていう

・客愁(かくしゅう)・・・旅行中のもの思い

・酒酒落落(しゃしゃらくらく)・・・性格がさっぱりしていて物事にこだわらないさま

・忘れ種(わすれぐさ)・・・心配や心の憂さを吹き払うもの

・滝枕(たきまくら)・・・涙が枕にそそぐことを滝にたとえていう

・喃喃(なんなん)・・・ぺちゃくちゃしゃべる様子。転じて、
           男女がうちとけ小声で楽しそうに語り合うさま

・心掟(こころおきて)・・・心に思い定めていること

番い(つがい)・・・2つそろって1つになったもの

・邂逅(かいこう)・・・思いがけなく出会うこと

・阿伽陀(あかだ)・・・あらゆる病気を治す薬
exa.病気の私にとって、彼の声はわたしの阿伽陀

・たゆたう・・・心があれこれと迷う

垂ずり雪(しずりゆき)・・・屋根や木の枝から落ちる雪

・帰趨(きすう)・・・最終的に落ち着くところ。

・遠近(おちこち)・・・未来と現在

・僕は咀嚼という言葉が好きです。子供のころ、よく母親に言われました。
 「ご飯はよく噛んで食べなさい。噛めば噛むほど甘くなるのよ」
 以来、何事においても、おいしい想いをするためには、咀嚼が必要だと考えてきました。







上質な日本語って、日常会話ではなかなか聞くことができないですよね。
むしろ使ってしまうと相手が知らなかったりすることが多いし、
気取った奴・変な奴だと思われてしまう。

でももっとこういう日本語たちを日本人は愛するべきなんじゃないかとぼくは思うわけです。
せっかく日本人に生まれたんだもの。
(といいつつ、本に出てくる言葉ほとんど知りませんでしたが笑)

なんにせよ、見るだけでは忘れるので使うことが大事ですよね。
自分の脳を涵養したいものです。(合ってる?笑)



また、著者の方がおっしゃっていた咀嚼について、ぼくは違う場面で同じような言葉に出会っていました。
それは子どもの頃好きだったカードゲームのあるキャラクターと一緒に書かれていた言葉。

「知識はよく噛んで味わいなさい。知識ほどのご馳走はないのだから。」

妙にその言葉が印象に残っていて、現在のぼくの心の中に深く根付いており、
著者の方がおっしゃることと似ているなぁと思ったわけなのでした。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/183-91896b20

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。