スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢人の知恵

31FzY3FUZsL__SS500_.jpg

テノールのパバロッティの愛読書はこのグラシアンの本だそう。
ヨーロッパでは不朽の名書のようです。





・持ちつ持たれつの関係であれば、与えることで感謝され、また自分も新しい情報を得て
 視野を広げることができる

・聡明な人、思慮深い人に出会ったら、そのそばを離れないこと

・聡明な人とつきあえることは実に幸運なこと

・知識のない人は滅びる

・人は、誰と一緒にいるかで判断される

・好感を持ってもらう秘訣は同類であること
 下っ端のうちは、特に必要

・よいことを褒める人は引く手あまた

・上に立つ人を負かすことはまったく愚かな行為

・不幸は良いことを期待できない人を見つけてやってくる

・友は自分の一部であり、分身である

・他人の欠点を指摘することは、実は自分自身への指摘にほかならない

・地位が高いからという理由で相手の短所に目をつぶってはいけない

・物事がわかっている人は、ときには無学に見せることも本当の知恵

・物笑いの的になっても受け流せることは立派

・借りをつくらない。束縛がないということは何にもかえがたいもの
 大勢から頼られながらも、自分は誰にも依存しないこと

・いつも相手に期待をもたせる。そして、その期待以上を目指す

・自重する心を。感情が強く揺さぶられるようなときでもバランスを保てることが、
 本当に偉大で気高い

・自分の痛みを人に訴えないこと。さらに傷口を広げることになるだけ

・自分に関する情報は極力伏せる。推定できないものは高く評価されるから

・いつまでも愛さないこと、そしていつまでも憎まないこと
 たとえ友が裏切り者になったとしても、攻撃しないこと。

・斬新な意見を述べ、恐れず反論する

・はっきりと話せば、理解される

・ぜんぜん怒らない人というのは、どう見ても人間味に欠ける

・自分のことは語らない
 自画自賛か自己批判かのどちらかになるから

・一生後悔しそうなことは、一切口にしてはいけない

・ユーモアは時と場所を選ぶ。それ以外はいつもまじめでいること

・時間の無駄になるだけで、何のためにもならないようなことは敬遠しよう

・控えめであることは神聖であること

・何かをいつも考える癖をつける

・あれもこれもと欲張っては何も達成できない。大勢の中で際立つのは質しだい

・気分は変化するもの。自分の躁うつ状態に振り回されない

・思慮分別は理性の府、用心深さのよりどころ

・自分の無知に気づく

・人らしくふるまい、神のように見抜く

・世間から愛され大勢の人を喜ばせるものなら何でも、たとえこちらには
 そのよさがわからなくても、どこかいいところがあるはずだ。批判しないこと

・成功に貪欲であり続ける。度量はいっそう広がるだろう

・ほとんどの人は見かけの真実もどきに満足している

・外見は善意を得るためのきっかけ。利用すべき

・人を嫌って満足するような真似はやめよう

・自分に忠実であれ。価値観や規範に背くことはしてはならない

・見た目よりはるかに多くのものをいつも内面に備える

・待てるようになる。辛抱して待つことができたら、急ぐよりもっと多くのことが達成できる

・立派な人は、行動が立派。取るに足らないことにこだわりすぎないように。すべてを隅なく知っておく
 必要はない。悠々とした態度で仕事する

・期待が大きすぎるような状況に自分を追い込まない。

・自分自身にとても満足しているという人がいたら、ものを知らないに違いない。
 貧しく平凡な自分に甘んじてはいけない。ほかの人たちの能力に頼って生きていくわけにはいかない

・完璧を目指す。自分という作品を完成させる

・自分の強みを知り、磨き、十二分に生かす

・多彩な側面を持つ人は、その側面の数だけ魅力がある。多芸を磨く

・ひとつの分野、つまり自分が進むべき道において、一番いいところをしっかり磨こう。

・勤勉さと才能。両方そろえば頂点に達する

・重要なことはいつも最初に着手する!
 楽しいことを先にして難しいことを最後まで延ばし延ばしにする習慣を断ち切る

・急がない。一度にたくさんのことを体験しようとして、あわててがんばりすぎないこと。
 何年かにわたって分散させる。知識欲も少し加減したほうがいい。
 学ぶことはしっかりした積み重ねが必要

・善をもって生きることで人は完成する
 親切で正直、そして用心深い人は崇拝される。高潔、英知、理解は幸せの根幹

ということで、素敵な言葉ばかりでした。


特に個人的に印象に残るのが、

「急がない。一度にたくさんのことを体験しようとして、あわててがんばりすぎないこと」
おそらく、自分は急ぎすぎなんだと思います。気をつけないと。



「外見は善意を得るためのきっかけ。利用すべき」
今の僕にとってこの言葉は、もっと清潔で、お洒落であるべき、という風に感じます。


「あれもこれもと欲張っては何も達成できない。大勢の中で際立つのは質しだい」
「ひとつの分野、つまり自分が進むべき道において、一番いいところをしっかり磨こう。」

そうなんですよね。ひとつの分野で質を極めていきたいです。


「自分の痛みを人に訴えないこと。さらに傷口を広げることになるだけ」
よくやるので、気をつけたい。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/17-c9c56436

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。