スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレート革命 : 俵万智

chocolate.jpg


97年初版。
今は2013年だけど、ぜんぜん古臭く感じることのない、瑞々しいままの短歌たち。




・なくてもいいものにこだわる週末を探してやまぬホースラディッシュ

逢うたびに抱かれなくてもいいように一緒に暮らしてみたい七月

・抱かれることからはじまる一日は泳ぎ疲れた海に似ている

・骨の髄味わうためのフォークありぐっと突き刺してみたき満月

・チョコを買うように少女ら群がりて原宿コンドマニアの灯り(コンドーム専門店)

忘れるという知恵を持つこの国の平和、それでも平和を愛す

・水密桃の汁吸うごとく愛されて前世も我は女と思う

・一枚のタオルケットを分けあえばつぼみの中の雌しべになった

・やさしすぎるキスなんてしてくれるからあなたの嘘に気付いてしまう

「気分」という割り切れぬ語で返事する我を許せよ我の気分を

・誰かさんの次に愛され一人より寂しい二人の夜と思えり

・子どもとは何をおいても笑わねば、笑わねばならぬ生き物と知る

・「結婚することになったよ」「なったんじゃなくてすることに決めたんでしょう」

・一億総中流となり中流の我ら貧富の誤差にこだわる

抱きあわず語りあかせる夜ありてこれもやさしき情事と思う

・祈るとき人は必ず目を閉じて何もなかったように立ち去る

・「二人とも愛しているんだ」腕ずもうのように勝負がつけばいいのに

・「愛は勝つ」と歌う青年
 愛と愛が戦うときはどうなるのだろう

・男ではなく大人の返事する君にチョコレート革命起こす


・一人は寂しい二人は苦しい

・ウォッカオレンジのような二時間

・焼肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き



あとがき
・私は出会いというものを、このうえなく大切に思っている。
 だって、ほんの百年ずれていたら、二人は会えなかったのだから。

恋には、大人の返事など、いらない。君に向かってひるがえした、甘く苦い反旗。
 チョコレート革命とは、そんな気分をとらえた言葉だった。

・大人の言葉には、摩擦を避けるための知恵や、自分を守るための方便や、相手を
 傷つけないためのあいまいさが、たっぷり含まれている。そういった言葉は、
 生きてゆくために必要なこともあるけれど、恋愛の中では、使いたくない種類の
 ものだ。





俵さんはこの頃不倫をしていて、それは妻子ある人だったということが赤裸々に伝わってきた。赤裸々に。

有名な人がこうやって惜しげもなく、自分の不倫の体験を詩にし公表するのにためらいはなかったんだろうかと
考えたけど、ほかの本で「歌は心が揺れなけれ生まれない。」とおっしゃっていたので、
そういうことなんだろうなぁ。
詩にすることで、何かしら消化できるものがあるのだろうと思う。

この本が出た頃、きっと世間からの不倫に対する批判もあったのだと推測するが、
それを承知で出しているのだから後悔はまったくないのだろう。
そういうところが、素敵。ありのままで。







・「愛は勝つ」と歌う青年
 愛と愛が戦うときはどうなるのだろう

この短歌が一番グッと来た。
きっとそんな場面が人生の中で何度かあるはずだから考えさせられた。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/167-01f3778a

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。