スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterつながる力 : 勝間和代+広瀬香美

tunagarutikara.jpg


香美と和代の、みんなで楽しくヒウィッヒヒー!


------------------------------------------------------------

・私、ツイッターは「友達づくりの場所」だと感じています。
 「あの人は元気かな」と、なんとなく気になってしまう、ツイッターって
 「人間同士の大切さ」を、教え、育んでくれる場所なのかな

・私は、ツイッターが140文字にすべて標準化してつぶやき合える機能を
 担っていることを、「コミュニケーションのパケット化」と呼んでいます。

・ツイッター創業者のひとりであるビズ・ストーンは
 「ツイッターの成功は人間性の勝利であって、テクノロジーの勝利ではない」
 と語った。

・アメリカではすでに、ヤフーよりもツイッターのほうが立場が強いそうです。

・私が2009年7月に渡米した際、米国では、小学校からのお知らせまでツイッターで
 連絡される、という話を聞いてびっくりした

・「大勢の人の気軽なつながり」の力は強い

・ツイッターでは、個人が発した情報が驚くほどのスピードで伝播していきます。
 これはインターネットの強みであると同時に、リスクでもある。ネガティブな感情や、
 攻撃的で他人を傷つける誹謗中傷も伝播していく恐れがあるからです。

・ツイッターがどうして面白いかというと、それあ、現実のコミュニケーションの作法
 に、非常に似ているところがあるから

その人のコミュニケーションの傾向が、ツイッターにも反映されてきます。
 現実にコミュニケーション能力の高い人は、ツイッターでも活躍します。
 また、コミュニケーションに癖がある人は、面白いことに、その癖が、
 ツイッターにも反映されるようになる。


ツイッターは、人の善意を引き出すメディア
 お互い歩み寄ったり、誰かに知恵や助言を提供したりするのに、とても優れた
 プラットフォームになっています。

・自己承認欲求と、他人に対して親切にしたい欲求。TLにはこのふたつが絶妙に混ざ
 っている。

・たった140文字のつぶやきだけで、本当の性格やキャラが伝わっちゃうのが不思議。

・私はよく言うんですが、自分のタイムラインは自分の責任だと思います。
 関係性って、自分でつくっていくものだと思います。
 それが、ツイッターをやっているとよくわかります。

・私は自分のツイッターというフィルターを通して、大人のちょっとしたワクワク感
 みたいなものを提供していけたらうれしいなと思っています。
 それによって、皆さんがクスッって笑えたり、楽しいアドレナリンが出てきたりして、
 「よし、がんばろう」っていう気持ちになってもらえたらいいなと思う。

・Q.なぜメッセージを140文字にしたのですか?
 A.ツイッターがSMS(ショートメッセージサービス。国際標準規格)でも活用できる
  ようにしたかった。字数制限は160字。メッセージの前にユーザーネームのスペ
  ースを確保したいと考え、140文字を基本にした。

・ツイッターは、英語版の次に、日本語版を最優先して開発しているそう。
 なぜかというと、やはり、英語に次いで先端ユーザーが多いからだそう。


------------------------------------------------------------



2009年の12月に初版が出ているので、もう大分経つといってよいが、
その頃よりツイッターはすっかり現代に密接だと思う。
いたるところにツイッターのマークをみかけるようになった。



「善意を引き出すメディア」という言葉が印象に残った。
確かにそうかもしれない。
何かを質問すれば、顔も合わせたことのないような人が1分以内に回答をくれたりする。
そういった面は、本当にすごいと思う。

また、140字の中にさえ、その人の個性が出てしまうのだから、とてもオモシロイと思う。
現実につまらない人のつぶやきはつまらないし(たとえば自分)、現実にオモシロイ人のつぶやきは
やっぱりオモシロイ。
でも、人間の個性が140文字で収まってしまうと思うと、なんだか切ない気持ちにもなったり。

良し悪しである。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/164-69355aa7

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。