スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族への夢 : 日本ドリームプロジェクト

kazokuhenoyume.jpg


36通りの家族への夢。



・目の前の人を大切にすることをやさしさといい、愛というのだと思う

・おばあちゃんが死んだとき、お母さんは大声をあげて泣いた。
 「お母ちゃん、お母ちゃん」って。
 でもな、おばあちゃんのこと羨ましいな、とも思ってん。
 あんだけ娘に大切にされているおばあちゃん、おらん。

・成人式。両親には、一生懸命20年間育て、大人といわれる歳まで育てたという、
 その実感ができる日。証の日。

・一人で大きくなったかのように、社会に出てからも母をいたわるなんてことは
 ありませんでした。
 そのくせ自分の理想や夢を語っては、母の協力をいつも求めていました。
 30数年間、無償の愛を受け取るばかりで何一つ返すことができぬままでした。

・私が結婚するまでに、
 あと何回みんな揃って晩御飯を食べることができるんかなぁ?
 最近みんなが揃ってご飯を食べると、なんかすごくおいしい。

・「母さんの夢は子ども孝行することじゃけん、あんたはちゃんと自分の夢に
  向かっていきなさい」

・いつのまにかじいちゃん(アルツハイマーにかかっている)を
 以前のように見れなくなっていた自分がいたことが、もっと悲しかった

・母は核家族に育ち、4人暮らしでした。
 幼稚園のころ、熱が出て休んだときも、一人で寝て心細かった。
 雨が降っても誰も迎えに来ません。
 自分の子どもには寂しい思いは絶対させないと、いつも家に居るようにしました。
 それが当たり前のあなたたちには、母の思いは分からないかもしれません。

・おそらく初めて挫折を味わったあなたは、優しかった。

・自分が生きてるんじゃない。生かされているんだ。



いつかぼくにも家族にお別れを言う日がくる。
そんな当たり前のことを、思い出させてくれた本だった。


とりわけ心に残ったのが、
「一人で大きくなったように」という言葉。
親って当たり前すぎて、感謝することを忘れがちだから、まるで一人で育ってきたみたいな感覚になることが
確かにあったりする。良くないこと。

ほんとは、父が頑張って働いたお金を自分の成長のために使ってくれて、
母が毎日自分のためにご飯をつくってくれて、洗濯をしてくれて。


当たり前のことが、本当はどれだけ尊いことか。
家族ってどれほどありがたいものなのか、ぼくにとって、ようやくちゃんと認識できたような気分がする。




こういう本は、愛と死が裏表だから、最近、涙腺がゆるむことが多い。
ぼくはいつからこんなに涙もろくなったのだろうか。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/147-c8d4c5f2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。