スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の倫理 : 瀬戸内寂聴

ainorinri.jpg


女の幸福と、自由のための標。




・家庭的という評価は、いかにも他に能がないように思われる。
 本当に家庭的な女になることくらい易しそうで難しいことはない。

・男が思い描く、理想の家庭的女性
 1ヒステリックでないこと
 2料理がうまいこと
 3素直であり、信じる能力をもつこと
  ー信じるという能力は文明の進化につれ失われる、つまり、教育が高まるにつれ
   失われる。信じる能力は文明とは逆行する。
 4理性的であるより感情的であること
 5掃除上手であること
 6批判精神があってはならぬ
 7視野はせまくなくてはならぬ
  -家庭の妻は、観念の上にすべて「私の」ということばをつける。
   私の夫、私の子どもetc.
 8引っ込み思案でなければならぬ
 9セックスの要求の薄いこと
 10山内一豊(やまのうちかずとよ)の妻の精神を受け継いでいなければならない
   10-5=8のマカ不思議の計算で家計をきりもり
 冷静にこういう長所をすべてかねそなえた女性を描くと、なんと魅力のないことか。
 だからこそ、家庭的な女に家庭を守らせながら、男は、外で非家庭的な女と情事を
 楽しみたがるのである。

・物を識る(しる)ことは、哀しいこと。物を識る(しる)ことは、物が見えてくること。

・日本の女ほど、愛のためには自分を卑しめ、自分を犠牲にすることを何とも思わない
 女はいないのではないだろうか。

・男は、決して愛のために仕事を捨てたりはしない。

・一夫一婦制という不自然で、きゅうくつな規則が、世間のモラルとして
 通用しているかぎり

・男のほうが平均4,5歳、女より短命らしい

・ゼネレーションの違いがあると、物の考え方、感じ方、人生観、すべて違ってくる。
 4つ5つの違いでも、ずいぶん違うだろう。同じものに、同じように感動し、
 同じ時代の出来事に、共通の感銘や記憶を持つことは、生きていくうえで何より
 大切なことだと思う。それから人生とは、2人で築いていくものだと信じる。
 だから、はじめは力のない二人が、力を合わせて、無から有を築くことにこそ、
 ふたりで生きる意義も愉しさもあるのではないか。(アメリカの2世女子学生)

・はじめから、女の年上のことを気にするような男は、「年上の女」を持つ
 資格のないくだらない男である。
 年上の女を、思い切って恋人や妻にするほどの男は、あらゆる点で女に魅力的な
 要素を持っているとみなしていい。

・女の幸福は、一人でも多くの人間が自分を理解してくれたと思うこと。
 自分でも気付かない自分の「好さ(よさ)」というものに女は本能的に憧れている

・愛の場において、肉のしめる地位など、精神のそれにくらべたら、ものの数でない
 ことがわかるだろう。

・自分は、妻以外の女とさんざん寝ておきながら、妻が生涯自分ひとりで守りぬくのを
 望んでいる夫たちの勝手な願望

・人間は生まれ出た時、すでに、衝動と、衝動を阻止するものとが、
 あらかじめ形成させられて存在しているという。

・格子なき牢獄

・解剖学的には、男のセックスが画一的で、女のそれは、千差万別

・たいていの恋愛は錯覚の上に花開く

・私には愛するということは、生活するということに繋がっているとしか考えられない。
 ともにひとつ部屋に、互いのあらや、欠点を示しあわざるにはすまされない。
 楽しみより苦しみが多い、この人生の辛さを、わけあう中ではじめて愛が定着するの
 かもしれない

・理解することには、疑いがあり、闘いがおこる。そうした摩擦のない愛のもろさを
 人は忘れがち。

・紅葉の炎

・封建時代には、妻が夫と別れたいときは、死ぬしか道がなかった。
 戦後、女の得た権利はさまざまだけれど、いちばん大きなものは、
 離婚の自由ではないだろうか。

・芸術家というものは本質的に自己主義で我侭で、気まぐれで、移り気で、人並み以上
 の情熱ないしは情欲の持ち主と相場がきまっている。こういった素質を持ち合わせて
 いないものは、決して上等の芸術家にはなれないのである。

・このごろのように、マスコミが異常な力を持っている時代

・惚れた男のために、無我夢中になって、力の限り、かけずりまわり、狂奔せずには
 いられない畔上さんの「女らしさ」の「女そのもの」の姿に、炎を背負ったような
 美しさを感じる

・宇野さんならではの華やかさとシックさで、からだにとけこませていられる

・私は、怨んで、責めて、泣いて憎んで、その果てにようやく別れというものが訪れる
 気がしてならない。
 人に愛された思い出より、人と別れた思い出を持つ女のほうが、しっとりと魅力的
 なのは、その女が心底から人を呪い人を憎んだ苦しい経験を経て、人を許すことを
 知っているせいではないかしら

・でもやっぱり、死ぬのはどんなに美しくみえても敗北だということ、生きているもの
 が勝ちだということ。生きて闘うこと。それが人生だと思います。

・芸術家というのは、生まれながら身体にも魂にも悪魔を同居させている。

・変わりやすく移ろいやすい「愛」だということを、人間は本能的に知っているから
 こそ、さまざまな約束事で互いの愛を縛り、つなぎとめようと努力する。
 結婚という契約がそれで、人間は自分たちの愛の自信のなさに本能的に脅えていて
 神に誓ったり、盛大な披露宴をはり、自分にも相手にも世間にも、自分たちの愛の
 不変をデモンストレーションしてかかる

・世の中と闘っているために、常に刺激をうけ心身とも彼女たちは実際の年よりは若々
 しい

・彼女が何より我慢できないのは、自分の前にいる彼がこれほど自分に夢中になり、
 燃えるにもかかわらず、いざとなると、妻や子を決して捨てようとはしない厳然とし
 た事実。

・愛人は気付かない間に、すでに半分「妻」に変化

・日本は世界一の堕胎国

・友情は人格と人格の、個性と個性の結びつき

・未亡人。育ちきった肉体はすでに耕され、肥料のまかれた畠

・人間が成長していくためには、多くのことを忘れ去らねばならないし、
 忘れるべき努力もしなければならない。

・天皇という幻影のために死ににゆく子を産むために、恋し、結婚し、愛するものを
 戦場に送ることが、名誉ある女の幸福と思っていた夢を、愚かだとわらうことは易し
 い。けれども、その悪夢から覚めた私たち世代の女だけが、本当の虚無感の凄まじさ
 を知っているし、偽政者や権力者に対する根深い憎悪と怨恨をかくしもっている





基本、女性に向けて書かれているのだけど、ゲイだからまぁいいか、と読んだ。
(寂聴さん、ごめんなさい)



芸術家の定義がすごく面白く感じた。
けど、確かにそうなんだろうと思う。
悪魔を飼っているからこそ、常人とはかけ離れたモノを創り出すことができるんだろうなぁ。



あと、「物を知ることは哀しいこと。」。
この文にとてもしっくりきた。

いろんな本を読むごとに、どんどん心が哀しくなっている今があるから。
それでも自分の手を止められない理由は、物を知ることができるから。それが栄養になっている。
哀しくならないで物を知ることができたら、どんなにいいんだろうか。
でもそれは魅力のないもののようにも感じる。
人生、うまくいかないものです。





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/119-bd34b81d

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。