スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプルムース! : 江國香織

panpul.jpg



江國さんの子どもに贈る無駄の詩。


「かけっこはきらい」
 あたしはきょうそうばじゃなくて
 メリーゴーランドのうまなんだと
 おもうの

・「あめのひ」
 あめのひは
 ひるまからでんきをつけるでしょ
 ぼくはそれが
 きらいなんだ

・「パンプルムース!」
 グレープフルーツのことを
 フランスごでは
 パンプルムースっていうのよ
 きのうまでのわたしはしらなかったけど
 きょうのわたしはもうそれをしってる

・「おとな」
 あさごはんっていうものは
 みているだけのほうがきれいね

・「へいき」
 すすめ すすめ
 じゃんじゃん すすめ
 どんがら どんがら すすめ

・「コップがひとつあります」
 コップにいれると
 のむものはみんな
 コップのかたちに なる

・「すみれ」
 よのなかには たくさんおばあちゃんがいるものね
 わたしにもおばあちゃんがいて
 かのじょはすみれのはなににていたわ
 よのなかのおばあちゃんは みんなすみれのはなににているのかしら

・「おさけのみになるほうほう」
 すてきなよっぱらいをみること
 ゆかいはすてきとしること
 からだをおんがくでみたすこと
 せかいはすてきとしること

・「これだけはおぼえておこう」
 つつじのみつをすうときは すいっ と
 ちょうちょをつかまえるときは ぱっ と

・「おはか」
 ここにねむっているのは ごせんぞ
 いっぱいいるから
 つちのなかはにぎやかかもしれない

・「あかるいからだのなか」
 からだがちいさくやぶれている
 ちがでたらすてきね
 ひふのしたで
 おがわのように
 ざあざあながれている ち

・「よのなか」
 それらぜんぶを たしかめよ わたし

・実物に出合う前に言葉に出合うこと、永遠にのめない「ぶどう酒」のある人生は、
 ない人生よりずっと愉しいということ。
 





最後の江國さんの解説にもあった


永遠にのめない「ぶどう酒」のある人生は、ない人生よりずっと愉しいということ。


これ。すごい素敵だ。




25歳の自分が読んでも、やっぱり著者の本。子どもに向けて書いているのに、うっとりしてしまうのだった。


いつだって どんがら どんがら 進みたいし、
ぼくのおばあちゃんも すみれいろ。
きのうまでのぼくはしらないことがおおかったけど
いまはきのうよりおおくのことをかくじつにしっている。



無駄が美しいこと。無駄なものが人生にとって大切なことを教えてくれる本。

いわさきちひろさんの暖かみのある独特の世界観を持つ絵も素敵だった。



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/tb.php/116-9a566871

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。