スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛するがゆえに 阿部定の愛と性 : 伊佐千尋

abesada.jpg

昭和11年、愛する男を絞殺、その後からだの一部を切り取り、
その猟奇事件から世間を驚かせた阿部定。

・阿部定事件を理解するには、事件が起きた昭和11年という特異な、暗い時代背景に
 目を向ける必要がある。
 昭和10年は軍国日本の幕開け。昭和11年年頭、ロンドン会議は決裂。
 新聞は、永野全権が勇ましい脱退通告文を英国海軍省に渡して、帰国の途についた
 ことを報じた。
 この瞬間から、軍縮会議に対する日本の制約はなくなり、いわば無条約状態となった

・安藤刑事が部屋へ入ると、女は寝入っている様子であったが、女中の呼びかける声に
 眼が開き、「警察のものですがー」と聞くや、「あらそう」といいながら
 ニヤリと不気味な笑みを浮かべて起き上がった

・定は真剣な気持ちで男のペニスを切り取り、血文字もしたためている。

・細谷裁判長までが、「妖気を感じさせるような人物」と述べている。
 定は誰の眼にも官能的に映り、容姿だけでなく、声までが男の好き心をかき立てる

・私が殺すつもりで最初、静かに石田の首を締めたとき、「お加代」と言って、
 私に抱きつくようにしましたから、殺されるなどとは考えてもおらず、びっくりした
 のではないかと思いました。
 私は紐を緩めず、心の中で、「堪忍して」と思いながら、そのままギュウと締めた。

・恋文のことを「艶文(ふみ)」といっていた頃

・不見転(みずてん)芸者・・・相手を選ばず、金しだいで客の言いなりになる芸者のこと

・悔しいやら、悲しいやらで、泣けて仕方なく、石田も泣き、実に恋の愁嘆場でした。

・あまり可愛くて、気が詰まるほど石田をギュッと抱きながら

・焦がれている男に百年ぶりに会ったような嬉しさで

・私の言うことを断ることは判り切っているので、私としては心中や駆け落ちはてんで
 問題にしていませんでしたから、結局、石田を殺して、永遠に自分のものにする外
 ない、と決心したわけです。

・(殺害した)その後は、石田の陰茎、陰嚢を切り取り、左腕に自分の名を刻み、死体や
 敷布に血で字を書き残して、「まさき」を逃げた

・私は石田を殺してしまうと、すっかり安心して、肩の重荷が下りたような感じがして、
 気分が朗らかになりました。
 下におりたとき持ってきたビールを一本飲んでから、石田の横に寝て、石田の喉が
 カラカラに乾いているようですから、石田の舌を舐めて濡らしてやったり、石田の顔
 を拭いてやったりしておりましたが、死骸のそばにいるような気はせず、石田が生き
 ているより可愛らしいような気持ちで、朝方までいっしょに寝ており、オチンチンを
 弄ったり、ちょっと自分の前に当てて見たりしておりましたが、その間、いろいろの
 ことを考えているうちに、石田は死んでしまったのだな、これからどうなるだろう、
 石田を殺しては自分も死ななければしようがない、など考えたり、16日の昼ごろ、
 神田にいる大宮先生への手紙を「まさき」の女中に届けてもらったから、この事件で
 きっと先生が警察から調べられるが、飛んだことをした、一目会ったらお詫びしよう
 と思ったりしました。

・石田のオチンコを弄っているうち、切って持っていこうと思い、額の裏に隠しておい
 た牛刀を出して、根元に牛刀を当てて切ってみましたが、すぐは切れず、かなり時間
 がかかりました。そのとき、牛刀がすべって、腿(もも)の辺りにも創をつけました。
 それから、睾丸を切り取るため、また嚢の元に牛刀を当ててきりましたが、なかなか
 切れず、嚢が少し残ったように思います。

・ーーーなぜ石田の陰茎や陰嚢を切り取って持ち出したか?
 それは一番可愛い、大事なものだからです。そのままにしておけば、お内儀さんが
 触られるに違いないから、誰にも触らせたくないのと、どうせ石田の死骸をそこに
 置いて逃げなければなりませんが、石田のオチンチンがあれば、石田といっしょ
 のような気がして淋しくないと思ったからです。
 なぜ石田の腿や敷布に”定、吉、二人”と書いたかといいますと、石田を殺してしまう
 と、これですっかり石田は完全に自分のものだという意味で、人に知らせたいような
 気がして、私の名前と石田の名前とを一字ずつ取って、定、吉、二人きりと書いた。

・もし、先生のことをさように考えなかったら、私はきっと「まさき」の二階か物干し
 で首を吊って死んだのですが、先生のことを考えて外出する気になったばかりに、石
 田と別れるのが淋しいので、石田のシャツを着たり、オチンチンを切ったり、気違い
 じみたことをしてしまったので、世間から変態のようにいわれるのが悔しゅうござい
 ます。

・二階の部屋で一人寝ましたが、布団の中で紙包みを広げ、石田のオチンコと睾丸を
 眺めており、少しそれをシャブッたり、ちょっと当ててみたり、いろいろ考えて
 少し泣いたりして、ろくろく寝られませんでした。

ー著者の思い
・「お定は初めから終わりまで、殺意というものはなかった。彼女の心を占領してい
  たものは、いかにして彼女の愛欲を満足させ、楽しむかという一事だけで、殺意
 がないかぎり、法律上の殺人罪は構成しない」という見方が、正しいと思う。




読む前は阿部定のことを知らなかったのだけど、
読んでいて当時の彼女に一目合ってみたくなった。

誰かを愛しすぎたあまり殺してしまうことは、
実は誰にだって起こりうることではないのかと思う。

行き過ぎた愛は、沼のように深く、抜け出すことが難しい。
それが、ただの男と女ではなく、妻子ある男とだったら。

愛する男に自分だけ見てほしいのに、それが叶わないものと知っている。
一抹の哀しみを抱えたまま愛に落ちていく彼女の様は、同情に値した。
殺しても仕方がない、とまで思った自分は行きすぎなのだろうか。




事件が起きた当時、その猟奇性から相当話題になったそうなのだけど、
メディアが伝える情報にはきっと偏りがあって、真実が真実でなくなっていたと思う。
果たしてどれだけの人間が、彼女の本意を受け止めたのであろうか。

本の中の彼女の言った「世間から変態のようにいわれるのが悔しゅうございます。」
が印象に残る。
実際、本を読み進めていくと、彼女が特に変態でも、ただの殺人者でもないことが分かる。

改めてメディアの在り方を考えさせられた本でもあった。




スポンサーサイト

函館物語 : 辻仁成

hakodatemonogatari.jpg


著者の個人的な秘密の函館案内書。


・石川啄木が住んでいたのもこのへんだ。質入れしていたほどだから、その生活は楽で
 はなかったのだろう。もっとも石川啄木が函館にいたのはわずか4ヶ月。
 その墓が函館にあるせいで有名だが、果たして啄木はこの町をどう見ていたのだろう。

・百年も受け継がれた味を守りつづけることはかなり苦労があるに違いないが、押し付
 けがましい伝統はここにはない。

・人生に少しだけ疲れた婦人の横顔が、しかしとても切なく美しかったりするのに
 似て、函館山の横顔は物憂げに私の心を誘うのだ。

・イカソーメン。ああいう料理が大嫌い。観光のために作られたような名ばかりの料理

・観光の手が染まっていない場所にこそ、旅の楽しみは眠っている。
 観光記念物のような、さあここを撮ってほしい、という決められた撮影場所

・私が勧めるのは、観光客が決して押し寄せない入舟町の漁村を覆い尽くす広大な虚無

・朝が待ち遠しかった。

・窓を開け、吹き込んでくる潮風で顔を洗う。

・喧嘩した連中のことはもう覚えていないが、あの若さがすれ違うときの、スパークす
 る火花のような緊張感だけはまだ覚えている。

・ウニは違うけど、あわびはほとんどが岩の下。だから、普通に上から見たんでは
 あわびの姿は見えない。
 昼はちょっとさわると、もう岩に付着してしまってなかなか取れない。ところが夜に
 なると、ぜんぜん岩につかない、力がなくなっちゃう。さらうほどとれるわけ。

・津軽海峡は潮の流れがすごく速いので、まず一回沈むのだけど、海水を吸って体内で
 ガスが発生するんですよ。それで、いったん浮き上がってくる。そのガスが抜けてし
 まって、もう一度沈む。そうしたらもうわからない。

・舟というのは運命共同体というか、連帯感が強いから。

・この町の人には、損得抜きで生きているような人が多い。

・墓場には安らぐ場所と畏怖を覚える場所とがある。こうして多くの人が訪れる墓場は
 幸せだと思った。死者を忘れないこと。私たちは大きな連なりの中でこうして
 生きていられるのだから。

・「ここを出た後の彼らは?」
 刑務官は、小さく首をふった。
 「残念ながら、私たちはここを出た後の彼らがどのような人生を生きるのか、どのよ
 うに更生していくのか、最後まで見届けることはできません。」

・経済や活気を求めることと、文化や風土を守るということは必ずしも両立しない

・首根っこまで温かくなり

・啄木の作品の魅力
 大きく言うと、詩歌、小説、日記、評論の分野があり、どれをとっても時代の古さが
 ない。非常に時代を先取りして社会をきちっと見ている。詩歌の場合でも、難解な言
 葉をぜんぜん使っていない。26歳までの人生で、いくら天才でも完成されていると
 は言いがたい。でも26歳での早熟な美。
 
・歌というのはご飯を食べるときにそえられるたくあんのようなものだ、という言い方
 をしている。地べたに足をきちっとくっつけて社会を見ながら歌をつくらなければ、
 ただ理想や空想や想像だけで歌をつくるのは本物の詠み人でもないし、本物の作品で
 もない。

・啄木三悪。女にだらしない、お金にだらしない、自分勝手。
 明治43年の借金メモで、今にすると1500万円ぐらいのお金を借りていた。
 それだけのお金を借りてでも、文学に身を投ずるという、そのパワーはすごい

・一般的に啄木の小説というのは評価が低い。詩や短歌をつくるよりも、小説を書いて
 売ったほうが金になるのは確か。

・小説は、早い時期に書いちゃいけないというのが僕の持論なんです。特別な人はいま
 すけど、小説は40歳ぐらいからスタートしても充分な芸術なんだと思います。




著者らしい観光に対する想いがおもしろいなと思った。
観光名所って「写真をさぁ撮ってくれ!」みたいなとこって、本当にあるし、
観光のためにつくられた料理みたいなのもあちらこちらに存在している。

そういうものって、確かにいいとも思うけど、
やっぱりどこかツクリモノというか、本当に感化されるものではないように思う。

それよりもっと自然な、美しいものを見つけるのが、旅かなぁと読んでいて思った。(あくまで僕の場合だけど)
とはいえ、もちろんそういう名所だとか、地元の食べ物を味わうことも旅の醍醐味だとも思う。
つまるところ、旅は、旅によって、何か大切なものに気付いたり、それを取り戻せたりすることが、
一番大事だと思う。




啄木の話が多く、啄木の研究をされている方に著者がインタビューをしており、その内容が参考になった。



機会があれば、一度訪れてみたい場所である。

ラブ・ジャンキー日本発タイ行・性の直行便

th.jpg


買う側、買われる側。タイの性と日本の性。



・タイ国内をあちこち回るうちに、ひとつのとんでもない発見をしてしまった。
 それは、どこへ行っても売春している日本人がいるということだった。
 おそらく世界中探しても、こんな日本人のための性の治外法権地区はないだろうと
 思われる。日本人の金と精液の掃き溜めになっているタニヤ街

・どうしてこんなにお客の顔が、動物的に映るのだろう(ホステスをやってみると)

・”ニセ処女”。処女なら1回二万バーツで商売ができる。
 手口は、あらかじめ鶏や牛の生き血を、薄いビニール袋に詰めたものを用意しておく。
 そしてお客とホテルに入ると、まずトイレへ行き、それを膣の中に仕込む。
 すると、ことの後には、血の跡が残る。

・タイはコネの強い国

・タイ、ラオス、ミャンマーの国境に跨り世界中のヘロインの70%を供給する
 ”ゴールデン・トライアングル”

・仏教儀式のひとつで”サイシン”。この糸が切れたら、願いがかなう。

・タイでは普通、お金を渡すとき、渡す方の人が拝んで渡す

・「僕のバージンはたった千バーツ(約5000円)だったよ。」

・「毎晩店にはたくさんのお客さんがやってくるよ。もちろん、その中には
 日本男性もたくさんいる」
 彼が相手をしたのは、30代から40代の男性で、見るからにゲイと判る関東出身
 の人が多かった

・心の中でゲイボーイを犬猫のように扱ってる客がいるんだよ。

・体を売る女性の場合、キスを拒否している人が、圧倒的に多かったが、体を売るゲイ
 の場合、キスは必要事項になっているそう。コンドーム使用もチェの場合、100%
 ではない。

・「2人きりになると、全裸で踊れって言ってくる客とか、臭い客とか、自分のした
 仕事に似合わないような少額しか払わない客とか、細かいことをグチャグチャ喋る
 客とか」

・「指名されたって、嬉しくも何ともないさ。僕を買った客は、舐めるような目つき
 で僕を見るんだ。いやらしいというか、醜いというか、さんざんそんなお客の姿を
 見てきたよ。だから、ベッドに入るときは、極力何も考えないようにしてるんだ」

・実はゲイクラブには、女性も来る。「日本女性?毎日来てる。」

・マンペンライ(気にしない)の精神。(アメリカのtake it easy、フランスのケ・セラ・セラに匹敵する、タイの文化・タイ人気質を一言で表す言葉。)

・仏教の影響から、タイの普通の男女はオーラル・セックスを不浄なものと考え、
 あまり実行しない

・普通堕胎する場合、かんしで中のものをほじくりだすんだけど、私の場合は大きかっ
 たから注射して自然に流産させる方法を取った。

・「もし自分を本当に愛していたら、連絡をくれるはずでしょ?だから自分からは連
 絡をしたくなかったの。愛してくれない人に、愛を要求することはできないじゃない
 の。だから私は一切、自分から連絡を取るようなことはしなかったの。どんなに淋し
 くても、どんなに不安でもね」

・この"良心的"な売春ありのクラブにくる日本人は、どのような顔をしているのだろう。
 「一番多いのは、変なものを使おうとする人ね。ほら婦人科でドクターが使ってい
 るような開くヤツ。それを入れて懐中電灯をあてて喜ぶのよ。それから多いのは、女
 性2人をオフする人。」
 「もうあらゆる層の日本人がやりたがるのよ。本当、スケベね。私のおっぱいを触り
 ながら向こうに入れてみたり、私のほうに入れてみたりとか。特に30-40代が多い
 わ。」

・タイの女性たちは日本人男性をオオトカゲと呼ぶ。「あっ。お金が入ってくるな。」
 って思う。

・タイって国は、お金があれば何でもできちゃう国なのよ

・ショートで3万円、泊まりで5万円

・タイでも比較的低い階層の人は、本当にバクチ好き。

・日本のおじいさんって、その・・・下のほうはあんまり元気じゃなくて、一発やるに
 も、うまくいきにくくって、その代わりにオッパイしゃぶりまくったり、なめまくっ
 たり、とにかく一晩中舌をはわせまくるから、もう、うっとおしくて。

・日本のお客さんって臭いのよ
 臭いのよ、口臭とワキガが

・「今やってる仕事は、お金に似合っただけ辛いことも多いし、なんといっても、
 世間の冷たい視線と戦っていくことがね。けっこうこたえるのよね」

・家に借金があったから、13歳で売春婦。「お父さんとお母さんに、家を建ててあげ
 たい。」彼女は家のために毎日、父親ほどの年齢の男たちから射精されている

・「今まで6年間の義務教育を受けさせてもらったんだから、今度は私が稼いで家族を
 支えていかなきゃって、自分で決意したの」

・「家族のために働くのは当たり前のことです。自分のことよりも、両親のことの方が
 大事ですから」

・先日、HIVに感染したミャンマー人女性が、帰国したとき、ミャンマー政府に捕まっ
 た。その女性は、政府によって殺された。エイズを水際で止めるため。

・「エイズと判っても、仕事はやめはしないでしょう。むしろ、働けなくなる将来を
 考えて、仕事を続けるでしょうね。陽性だからといっても、私は、彼女たちから仕
 事を奪ってしまう権利はないんですよ。」(女医)

・アメリカでは麻薬使用者をHIVから守るために注射針を配布している。
 高校生にはコンドームを配っている。タイでは売春婦をタダで検査している。
 建前や見栄ばかりが先行する日本政府のエイズに対する姿勢より、ずっと精神的ケア 
 がうかがえる。

・なぜこの仕事を始めたのですか?
 「家族を養うためです。」

・タイっていう国は、タイ語で「自由」

・「オカマバーへ行って、いろいろ話を聞くとね、みんな貧しい子たちなのよ。明日食
 べるものもないから、死ぬよりはいいといって、女が好きなのに、仕様がないからゲ
 イをするの。生きていくためにしていることなら、人をバカにしたりしないの、タイ
 は。
 この国では、今度生まれ変わったときのことを重視する。今の人生がたとえ貧しくて
 も、次に生まれ変わったときのほうが大切なのだから、みんなあくせくしていない。
 貧しくてもみんなニコニコ。だからタイは微笑みの国といわれる。」

・ステージの上で、死んだようにダラダラと踊っているゲイボーイたち

・それにしても、なぜ日本男性はそれほど洗濯に弱いのだろう。

・タイ人のように悪いことまで「マンペンライ」に変えて明るく生きる才能があったら、
 どんなに楽しく生きられるだろう。
 それにしても、マンペンライを取り入れた日本男性というのは、堅いだけというので
 なく、柔らかさと子供っぽさが入り混じって、なんかいいなぁという印象を受けた。




タイっていう国が少し好きになれた、なんとなく。
マンペンライという精神は本当に素敵で、是非身につけられたらと思う。
柔軟になれそう。




売春は決して悪いことだとは、ぼくは思わない。
むしろ多くの人間にとって必要不可欠な仕事だと思う。。

ぼくは利用したことはないのだけれど、身近な人でもデリバリー・ヘルスを利用したことがあると
言っている人もいたし、自分の知らないところでもしかしたらみんな利用しているのかもしれない、と思う。

ただ、そこにもマナーがあり、それをちゃんと守ることができる人がどのくらいいるのだろうか。
本の中にもあったとおり、タイの女性から「日本人は臭い」というイメージを持たれてしまっているのには、
なんだか残念な気がした。

あと、人と人の交わり、とてもとてもデリケートな仕事の内容なのだから、買われる側をモノのように扱う人は
いかがなものなのだろうか。そういった人は、人間として大事な部分が欠落しているようにしか思えない。
むしろそういった欠落した人間がこういう売春を利用することが多いのだろうか。
そうだとしたら、売春婦やゲイボーイの人たちの強さに頭が下がる。




んー、こういうことは考えてもよくわからない。、

実際に一度体験するべきなのかもしれないと思った。(はまったらどうしよう笑)
うふふ。




ではまた。




Pagination

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。