スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館物語 : 辻仁成

hakodatemonogatari.jpg


著者の個人的な秘密の函館案内書。


・石川啄木が住んでいたのもこのへんだ。質入れしていたほどだから、その生活は楽で
 はなかったのだろう。もっとも石川啄木が函館にいたのはわずか4ヶ月。
 その墓が函館にあるせいで有名だが、果たして啄木はこの町をどう見ていたのだろう。

・百年も受け継がれた味を守りつづけることはかなり苦労があるに違いないが、押し付
 けがましい伝統はここにはない。

・人生に少しだけ疲れた婦人の横顔が、しかしとても切なく美しかったりするのに
 似て、函館山の横顔は物憂げに私の心を誘うのだ。

・イカソーメン。ああいう料理が大嫌い。観光のために作られたような名ばかりの料理

・観光の手が染まっていない場所にこそ、旅の楽しみは眠っている。
 観光記念物のような、さあここを撮ってほしい、という決められた撮影場所

・私が勧めるのは、観光客が決して押し寄せない入舟町の漁村を覆い尽くす広大な虚無

・朝が待ち遠しかった。

・窓を開け、吹き込んでくる潮風で顔を洗う。

・喧嘩した連中のことはもう覚えていないが、あの若さがすれ違うときの、スパークす
 る火花のような緊張感だけはまだ覚えている。

・ウニは違うけど、あわびはほとんどが岩の下。だから、普通に上から見たんでは
 あわびの姿は見えない。
 昼はちょっとさわると、もう岩に付着してしまってなかなか取れない。ところが夜に
 なると、ぜんぜん岩につかない、力がなくなっちゃう。さらうほどとれるわけ。

・津軽海峡は潮の流れがすごく速いので、まず一回沈むのだけど、海水を吸って体内で
 ガスが発生するんですよ。それで、いったん浮き上がってくる。そのガスが抜けてし
 まって、もう一度沈む。そうしたらもうわからない。

・舟というのは運命共同体というか、連帯感が強いから。

・この町の人には、損得抜きで生きているような人が多い。

・墓場には安らぐ場所と畏怖を覚える場所とがある。こうして多くの人が訪れる墓場は
 幸せだと思った。死者を忘れないこと。私たちは大きな連なりの中でこうして
 生きていられるのだから。

・「ここを出た後の彼らは?」
 刑務官は、小さく首をふった。
 「残念ながら、私たちはここを出た後の彼らがどのような人生を生きるのか、どのよ
 うに更生していくのか、最後まで見届けることはできません。」

・経済や活気を求めることと、文化や風土を守るということは必ずしも両立しない

・首根っこまで温かくなり

・啄木の作品の魅力
 大きく言うと、詩歌、小説、日記、評論の分野があり、どれをとっても時代の古さが
 ない。非常に時代を先取りして社会をきちっと見ている。詩歌の場合でも、難解な言
 葉をぜんぜん使っていない。26歳までの人生で、いくら天才でも完成されていると
 は言いがたい。でも26歳での早熟な美。
 
・歌というのはご飯を食べるときにそえられるたくあんのようなものだ、という言い方
 をしている。地べたに足をきちっとくっつけて社会を見ながら歌をつくらなければ、
 ただ理想や空想や想像だけで歌をつくるのは本物の詠み人でもないし、本物の作品で
 もない。

・啄木三悪。女にだらしない、お金にだらしない、自分勝手。
 明治43年の借金メモで、今にすると1500万円ぐらいのお金を借りていた。
 それだけのお金を借りてでも、文学に身を投ずるという、そのパワーはすごい

・一般的に啄木の小説というのは評価が低い。詩や短歌をつくるよりも、小説を書いて
 売ったほうが金になるのは確か。

・小説は、早い時期に書いちゃいけないというのが僕の持論なんです。特別な人はいま
 すけど、小説は40歳ぐらいからスタートしても充分な芸術なんだと思います。




著者らしい観光に対する想いがおもしろいなと思った。
観光名所って「写真をさぁ撮ってくれ!」みたいなとこって、本当にあるし、
観光のためにつくられた料理みたいなのもあちらこちらに存在している。

そういうものって、確かにいいとも思うけど、
やっぱりどこかツクリモノというか、本当に感化されるものではないように思う。

それよりもっと自然な、美しいものを見つけるのが、旅かなぁと読んでいて思った。(あくまで僕の場合だけど)
とはいえ、もちろんそういう名所だとか、地元の食べ物を味わうことも旅の醍醐味だとも思う。
つまるところ、旅は、旅によって、何か大切なものに気付いたり、それを取り戻せたりすることが、
一番大事だと思う。




啄木の話が多く、啄木の研究をされている方に著者がインタビューをしており、その内容が参考になった。



機会があれば、一度訪れてみたい場所である。

スポンサーサイト

目下の恋人

img_959309_34718309_0.jpg

帯の言葉がいいです。

「一瞬が永遠になるものが恋 永遠が一瞬になるものが愛」



短編集なので、ところどころ物足りない(この続き読んでみたい)と思うところがあったのですが、
どれも楽しく読めました。


以下、印象に残った言葉

・余裕を持たなければ、人の痛みなんか感じることはできない。

・友情には流行りのようなものがある

・抱き合った。皮膚が邪魔でしょうがないくらい。抱き合いながら、もっと脱ぎ捨てたかった。

・抱き終わった後に、愛してる、と囁かれるのは嫌じゃなかったけれど、
 二人の関係がシリアスになればなるほどその言葉は暴力的に頭の中で暴れまくった。(不倫)

・不倫は、苦しいけれど、時々幸福。

・狂気と愛がこんなに似ているものだとは

・いつも私たちは、親密な人間関係を求める「人間こじき」であり、恋をしにいきたいと
 発情する「性の飢餓人」であることをやめられない愁い人



基本的に、不倫を題材にしたものが多かったのです。小説にしやすいのだろうか。
著者の方の性の描写は、素敵だと思った。

個人的に気に入ったのが、めまぐるしく男を取り換えながら生きていく若い女性の物語。
おすすめです。


ここにいないあなたへ

518NADRTZXL__SS500_.jpg

見開き1ページの詩と、写真が交互に織り成す本。


たぶん、著者と写真家の方がある島(?)を訪れて、感じたことを詩にし、写真を撮っているだろうと
思うのだが、自分まで、その場にいるような気にさせてくれた。

普段忘れていた大切な感覚を取り戻させてくれるような素敵な作品になっているように思う。




・「どこ」ってどこにあるんだよ、

・食べることが、こんなに楽しいことだったなんて忘れてた。

・無駄なことに全力疾走している姿は、何故だろう、しかしとても綺麗だった。

・あの、でんと横たわる海までの間を、全力で走ってみたいって思ったよ。
 でもぼくはそうしなかった。彼らをただ見つめていただけだった。

・気儘に乗って、気儘に降りる。
 どうしてこういう生き方を忘れていたんだろう。

・気儘に生きるっていうのはね、つまり誰にも支配されないで生きるということ。

・なまりだらけの子供たちの声が飛ぶ。
 言葉が活き活きしている。
 歌っているみたいに話すんだ。
 さえずるように話すんだもの。

・自然は本当に芸術家だ。




個人的に最後の夕日の写真と、道路を歩く女性の姿がとても印象に残った。
どんな人でも輝けるんだな、と改めて思った。
ブサイクって呼ばれても、変って思われてても、誰だって自ら望んで行動すれば。









旅がしたくなった。

Pagination

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。