スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真逆の日本語(井上明美)

magyakunonihongo.jpg

氾濫している間違った日本語
1.テイクアウトの看板で  こちらのランチはすべてお持ち帰りできます
2.デパートの窓口で   こちらのカードでご利用できます
3.車内アナウンスで   こちらの座席ではインターネットがご利用できます、お使いできます
↑「お(ご)~できる」は、謙譲語だから、相手の好意に対して使うのは間違い。尊敬語に切り替える
1.こちらのランチはすべてお持ち帰りになれます
2.こちらのカードでご利用になれます
3.こちらの座席ではインターネットがご利用になれます、お使いになれます

「こちらはすべてお求めやすい価格になっております」
お求めになる、が尊敬語の正しい使い方。→お求めになりやすい価格

ご注文の品はお揃いになりましたか、にしてしまうと、品物がお揃いになる、ということで、品物に対しての敬語になる。
→ご注文の品は揃いましたでしょうか

・うちの部長に申し上げます→うちの部長に申します
自分の母や自分側の部長への事柄であっても、聞き手への丁重語として「申す」は使うことができるが、「申し上げる」は身内・自分には使えない

「わかりました」「了解しました」→「かしこまりました」「うけたまわりました」

「すいません」と「すみません」
本来は「すみません」が正しい

お疲れ様、でも、目上の人には「お疲れ様でございました」などとすれば、やや丁寧さも増す

こだわりのお店、こだわりの品→こだわるとは、つまらないことに気持ちがとらわれて、そのことに必要以上に気を遣うこと。本来の使い方は、「昔のことにこだわってばかりで」「いつまでもそんなことにこだわっていないで」など。最近は良い意味で使われるようになってきた。

文藝春秋の対談「私達の嫌いな日本語」
・こだわり
・生き様
・癒し
・~じゃないですか

・近年、より強調する言葉、強烈な響の言葉、大袈裟な感じすらする言葉が好まれる傾向にある
激辛、激安、ぶちギレ、ガン見、死ぬほど疲れた、めちゃめちゃ感動、めちゃかっこいい、はまりすぎ、衝撃受けまくり

・鳥肌が立つ→本来は不快や恐れを感じたときに使う。

役不足ですが、一生懸命頑張ります。 ☓
役不足とは、与えられた役目が実力とは不相応に軽い。実力が余る、実力の方が上だ、という意味

本来の使い方は、「役不足を訴える」

お暇ができたら ☓ → お手すきの折にでも / もし、お時間の空くことでもありましたら

「全然」は本来は、下に打ち消しの語を伴って、「ちっとも~でない」「まるで~でない」の意味に用いる言葉。
全然美味しい、全然OK → 間違い

煮詰まる→話し合いや計画などが、結論を出すべき最終の段階になる

目上の人に気に入られること
☓ お目にかなう
● お眼鏡にかなう

破天荒
☓ 豪快で大胆
● だれも成し得なかったことをすること

敷居が高い
☓ 高級すぎたり、上品すぎたり
● 相手に不義理などをしてしまい、行きにくい


スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。