スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェシーの背骨 : 山田詠美

jesse.jpg

好きになった男の子どもは、悪魔。



・ココは甘い気持ちになり寝室に行き、服を脱ぐ。

・ココは結婚している男と関係をもつ気は全くなかった。それは、その男の家庭を
 壊したくないという気持ちより、ほかの女の体によって常に使い古されている
 男の体を抱く気がないということからだった

・結婚している男の体からは惰性のセックスの匂いがした

・まったく、この家には日常生活というものが無かった。

・酒に包まれた氷のかけらですら、しゃぶった。

・自分だけの汗ばんだ毛布は本人にとって、放すことの出来ないものである。
 リックの体は彼女にとって、そうなり始めていた。

・日常の生活に期待感を持ったとき、そしてそれが自分の望む人物に伝わらないとき、
 ひどくやるせない気持ちになるものだ

・愛から生まれて、憎しみによって育てられた子供。
 彼の背骨は果たして何で出来ているのだろう。

・皆、早く両親から独立したいと願いながら、それがままならず、エネルギーをもてあ
 ましている健全な子供たちだった。家に帰ると、母親に叱られてホームワークを淡々
 と開く幼さを持ちながら、彼らは完全に自分たちの社会を形造っている人間たちでも
 あった

・一度憎しみはじめると、それは抑制のきかないものになり、ジェシーのやることなす
 ことすべてココの気に障った。

・涙も出ない白々しいなき方

・女の表情にはひとかけらの幸福も見当たらなかった。

・憎しみという感情のもつ恐ろしい力に驚いた。と、同時に自分もその力によって
 変えられようとしていた

・この女は何も知らない。子供を生むなんて、少しも大したことじゃない。
 大切なのは育てることだ。子供の心を読み取ることなのだ。

・体に層を重ねて来た憎しみ

・これで終わったのだ。憎しみに覆われていたこの子供の背骨は愛で出来ていた。
 それで、それは母親への報われない愛なのだ。

・彼の体は痩せていて、小さな骨で組まれた背骨が彼女の手のひらに当たる。
 それは憎しみでもなければ、愛でもない、ただの人間の骨であることを、ココは
 今度こそ感じ取っていた。




背骨の存在について考えさせられた。
人間にとって他の骨と同じように、なくちゃならないもの。でも骨の中でも中心的なイメージがあるもの。
それが「憎しみ」とか「愛」でできている、って考えるのはすごくおもしろかった。
たしかに感情が宿りそうな唯一の骨だなぁと思った。



「子どもを生むのは大したことじゃない。大切なのは育てることだ。」という表現がとても印象に残っている。



主人公のココが愛を知っていくストーリーも、男の子どもに悩まされる展開もとてもおもしろかった。

スポンサーサイト

蝶々の纏足 : 山田詠美

04770185.jpg


少女が親友えり子から自由になろうとする術は男を愛すること。


・十六にして、私、人生を知り尽くした。

・私が何度舌で削り取っても、麦生の体には陽がさしていた。

・彼は必死に私に自分の「印象」を与えようとしていた。

・私をベッドの上に横たえた。そして、彼は教え始めた。

・音楽は低く部屋じゅうに流れて、フランス語の甘い歌詞は私と麦生の体の
 隙間で消えた。

・足の間に埋め込まれていくものは、私にとって既に必然となり始めていた。

・真摯な額たちと自堕落な腰。おどけた様子で組み合わされた四本の足。
 それらの付け根で湧くぬるま湯の泉。

・私が自分の足の間に手をやると、そこは洪水だった。

・もう、知らないことは何もなかった。

・私の体液を吸っている麦生の体は時間をかけたピクルスのように香ばしくて、
 私を満足させた。

・家のものはすべてが彼女の引き立て役になっているように私は感じた。

・えり子は、いつも綿菓子のような服を身につけ、それらは愛らしいものはこの色
 であるべきだという色をしているのだった。

・えり子に当たって反射した人の視線など私には必要ないのだ。

・私は自分で自分自身を誉めようとした。すると心臓は急激に膨れ上がり
 肋骨を軋ませる程だった。

・書くのじゃなかった。皆、遅れていたんだわ。あの手紙を許す程、大人じゃなかった
 のだ。所詮、あの少年は、私の手紙を受け取る資格などない男だったのだ。

・皆に紛れて笑いながら少年へのせつない気持ちを葬り、憎しみの結晶に層を重ねた。

・彼は、男と女の間に横たわるやるせない空気を理解する素質に恵まれている

・衣服を通り抜けて体を冷やすほどの雨の日

・彼の私への気持ちは空気を振動させて私の許に届く。

・男と女が結びつくのは当然の法則であるのに彼女たちは何故、大騒ぎするの

・私は彼の体を知らずにいったいどのように十六年を生き延びて来たのだろう。

・口を付け、味わい、そして噛み砕き、体の中に押し入れること。
 男の体って、まるで食べ物みたいだわ。

・味わいを持たない体液なら、いっそ意志を持たない雨の粒のほうがどんなに
 人を気持ちよくさせることか。

・あんたはいつも、私を、自分を人に認めさせる道具に使ったわ。私が、少しでも
 先に行こうとすると、いつも足を押さえて逃げられないようにした。
 私は何度も転げて助けを求めていたのよ。

・彼女は私を鳥籠の中の鳥をかわいがるように観賞していたのだ。

・悲しみが濃度をつけた重い大きな涙の粒がゆっくりと彼女の頬を伝って




小さい頃の友達の影響って結構強いと思う。
その友達が自分より優れていたら、尚更。

物語の主人公は、色でいえば寒色系で、地味な服装ばかりしていた子。
その「親友」として自分の都合のいいように彼女を扱ってきた派手な暖色系のえり子。

なんとなくこういう関係って、現実にもたくさんあるような気がした。

ずっとえり子に縛られてきた主人公は、えり子より先に男の愛を知ることで、
優越感を覚えるのだけど、なんとなく自分の過去をフラッシュバックしてしまった。



ぼくにも4歳くらいの頃から、近所に住む同い年の男の子がいて、
彼は容姿、頭脳、一直線な性格、すべてが優れていた。
そして僕は、泣き虫で、意地っ張りで、独りで遊ぶのがいつも好きな子だった。

彼をいつもうらやましく見ていた。それはぼくをますます弱くした。
その羨望の感情を素直に彼に打ち明けれれば良かったのだけど、
無理だった。隠れて黙っているだけ。

その子に勝ちたい、っていう思いはあったと思う。
今思えば、それって情けないことだと思うのだけれど、そのときは友達であり、僕の中では(あくまで僕の中で)
彼はライバルだったのだ。

結局その子とは、中学卒業を境に連絡が途絶えてしまったのだけれど、
今振り返れば、また会えたらと思う。
彼にひどいことも何度かしたし。それも僕なりに彼から優越感を得るための必死の行為だったのかもしれない。
会って謝れたらと思う。






山田さんの性表現は、今まで読んできた作家の中で、一番好きだ。
美しいほど官能的で、比喩がおもしろいから。



小さい頃の友達に、こんな僕でも愛してくれた友達、みんなになんとなく会いたくなった。

快楽の動詞 : 山田詠美

img4500335826812.jpg


文学とセックスの関係を笑いのめす小説集。




・純文学には性的快楽の絶頂を表す描写もない
 「いく」などというそんな平易な言葉では誰も表現していなかった

・「いく」は「私は恋人と寝床に入り幸福のきわみにまでのぼりつめ涙する」と
 同義語だったなんてー!!

・私は死ぬ。相手を自分に向かせたがる自意識過剰な人間の脅迫の台詞には最適

・死ぬという言葉を性行為の最中で口に出すような熟練した男女がいたかどうか

・文学はいらないと思う人は多いだろう。そういう人々は、本能に理由を
 つけない。正直である。そして退屈。

・その手の会話というのは、何故こうも陳腐。甘いささやきと本人たちが思うのは、
 単なるほそぼそ声にしかすぎない。それが「いく」と「死ぬ」で完結している

・快楽と幸福は、時に同じ意味を持つが、そのつながりを引き立たせるのは、死を認識
 したとき

・私は、ずるのない言葉が好きだ。正直な快楽の言葉は大切にしたい。
 死ぬでもいくでもいいじゃないか。けれど、そこに、さりげない媚が加わるのは
 趣味ではない。

・英語では「いく」ではなく、comeと言う。来るのである。
 日本語の場合は、お互いが「いく」のだから、二人とも、同じ方向を
 向いている訳。英語のセックスは向かい合い、日本語の性は同じ方向を向きながら
 する、すなわち永遠の後背位。

・人間が異性を好ましく思うとき、ほめ言葉は常に陳腐の羅列。どんなに
 複雑な魅力を持った男性も、「すきっと、さわやか」には適わない。

・ことわりなしに自分の真意を汲み取らせようとすること。これが自己主張でなくて
 何だろうか。相手の時間と感覚をしばし自分のために使わせる、日本語とは、
 ある種、傍若無人な言葉。

・人は何故、恋愛の最中に否定ばかりしてしまうのであろうか。

・日本語ほど否定をもって肯定する言語はないと思う。

・「いやよ、いやよも好きのうち」=男性の性的願望を言葉にしたもの
 日本男性が否定語によって欲情し理性を奪われてしまうのを責任転嫁して、
 自らの根拠を見つけ出そうとした隠喩

・親密な相手と汚れを交換することは、相乗効果を生み、ますます貴重な汚れを
 作り出す。

・ロマンやエロスは臭気に弱い。機知という名の臭気である。

・お洒落と駄洒落は雲泥の差
 洒落のダンディズム化は凡人のなせる技ではない

・駄洒落の駄を処刑

・ユーモアとは、いつでも独自なのである
 ユーモアはあらぬ方向に進んでしまう自堕落な美女

・駄洒落が学業なら、ユーモアはアート

・駄洒落は、ロマンとエロスの天敵

・避妊の方法としての駄洒落は、コンドームより確実だ。エイズの予防にも。

・知性は、奪うだけでなく与えることもしなくては。

・作家の美食もすぎると、ただ意地汚いだけなのに気付かないから、文体にも
 コレステロールがたまり続けてる訳よ。

・かぎかっこに監禁されちゃう

・もてない人間は、偶然というものを信じすぎているのではないか。
 起こりえない偶然だからこそ饒舌に語り尽くそうとしているのではないか。

・偶然と空虚って似ていますよね。
 ぼくなんて、いつも駅で、素敵な女性と出会わないかななんて思ってますけど、
 素敵な女性がぼくに目を止めてくれることなどないんです。
 彼らがシャンペンを飲んで女の人と寝ちゃってるのは、彼らがそれを
 望んで努力しているからと思うんです。

・怠惰をバブルがはじけたと呼んで貧乏を憂えている。

・ぼくは、ポルノによって、セックスをしたいとは思わずにオナニーをしたいと
 願ったのです。変ですよね。終わった後、ぼくは、ほんの少し自分のことが
 嫌いになりました。

・私は、オナニーが好きだ。何故なら、それは自分で選択できる行為だからさ。
 セックスじゃそれはできない。感動巨編になってしまう。

・セックスをすると他人ではなくなるのか。

・卑猥って重要な要素だわ、体を刺激するには。

・押し殺した声に徐々に色を付けていく。

・ただ欲しいという欲望を瞳に浮かべるとき、どうしていつも少年や少女の傲慢さを
 取り戻すのか。

・セックスにおいて擬音をつくりだすものは何か。液体。汗、唾液、体液である。

・「いくつに見えますぅ?」本気で彼女の年齢を知りたい人など、誰もいない。

・ウィットが無意識に係わるものであるのに対して、ユーモアは超自我が自我に
 与える慰安であるbyフロスト

・文学とは様々な作品が生み出すひとつの伝統の「場」のこと
 ひとつの作品が伝統と関係するその関係の仕方が文学。







きっと書いててすごい楽しかったんだろう。そんな内容。

著者の感性、というかモノの見方はとってもおもしろい。
「なるほど」って思える部分がいくつもあった。


セックス中に聞こえる言葉って、本当に陳腐。

でも、それでいいと思うし、それがいいんだとも思う。
だって、セックスに文学要素が加わったら、すごいクドくて、
かえって冷めて見えて聴こえてしまうと思う。

だから「イク」とか「死ぬ」にすべての想いが凝縮されてるのかな。
日本人だけかな?笑







風葬の教室 : 山田詠美

5104tOkCkBL.jpg


転校生の少女へのいじめ。少女のどこまでも客観的で的確なモノの考え方。




・私は嫌われないことが一番好きです。それが、とても楽なことだと思うからです。

・その瞬間、私は自分が、ああ、学校のものになった、と思い途方に暮れる

・特別でない自分を、いったい人はいつくしむことができるのでしょうか。

・友達というのは、日常生活なのです。遠く離れたところにまで、わざわざ用を
 足しに行く人など、どこにいるものですか。

・蝉の声は私の汗をせかします。

・私は、徐々に教室の部品として、うまく動くことができるようになり、周囲を
 軋ませることもありませんでした。

・良心の呵責という甘い汁をきゅっと吸った先生方

・私の水のような人生が徐々に壊されていくのを感じます。

・あの仕様のない「快活」という様式で、私に好意を示すのです。

・転校生に親切にするという誰も逆らうことのできない美徳

・翌日、学校に行くと、私は自分のまわりの空気が急に膨張して、
 私の居場所をせばめていることを肌で感じました。

・皆の心の中にある嫌悪の詰まった箱の蓋が、ぱちん、ぱちんと開いていくのが
 解ります。

・それにしても、一緒におトイレにいくお友達がいないというのはせつないことです。

・ひとりでいくおトイレまでの道は、ものすごく遠い。

・あれ以来、私は教室にぽつりとできたおできになりました。
 静かに腫れが引くのを待っている私を沢山の爪が引っ掻くのです。

・彼女の顔は貧乏です。

・あきれました。このいかにも田舎くさい少女たちは、
 人が人に魅かれるのに順番があると思っているのです。

・もしも、彼女たちが、年齢を取ったとき、これらの言葉を覚えているでしょうか。
 いいえ、そんなことはないと思います。覚えていたら、恥かしさに生きてはいけない
 でしょう。

・私は息をしていたい。

・年齢によって住む世界を決められてしまうのは、ひどい差別のような気がしてきます。

・私が死ぬからには、誰かが損をしなくてはなりません。

・一番、私が望むのは、私が死んだ後で、恵美子を初めとするクラス全員が、
 後悔を引きずって生きていくことです。

・自分の心ん中で殺していったのよ。ひとり死に、二人死に、全員が死んだときには、
 私、クラスで人気者になってたわね。だいたいねえ、いじめるなんて品格のない人間
 の考えることよ。世の中、ちゃんと、悪は滅びるように出来てんだからさ。

・私が、ある日、突然欠けてしまったら。そうしたら、彼らの日常生活は成り立たない
 のです。誰かが日常生活を故意に乱すこと。それは、まるで、クラスのお友達が私に
 してきたことと同じではありませんか。

・欲望。これ以上の人間が生きていることの証しがあるでしょうか。

・私の生み出した人の殺し方は、軽蔑という二文字だったのです。

・死んだ人を野ざらしにして置くことを風葬

・子守唄というのは、どうでもいい歌でなくてはならないのだ。
 つまらなくて落ち着けて、投げやりな眠りに陥ってしまえる程にいい加減でなくては
 ならないのだ。




女子生徒から慕われている教師に好意を持たれた主人公の女の子。
まわりの生徒が嫉妬し、クラス全体でのいじめに発展する。



実はどこにでもありそうなストーリーなんかじゃないかと思う。
でも、このいじめを耐える少女の感覚は半端じゃなかった。

いじめを受けてすごく辛いっていう思いはあるのに、
常に冷静で、客観視しているのがすごい。こんな女の子がいるならお目にかかりたい。



一番印象に残ったのは、
「もしも、彼女たちが、年齢を取ったとき、これらの言葉を覚えているでしょうか。」
このフレーズ。


自分もイジメと言いがたいが、友達にひどいこともしてしまったことを反省している。
一度合う機会があれば、本当に頭を下げたいと思う。



大津のいじめ問題がニュースで連日取り上げられたころに読んだこともあって、
いじめに対する思いというのが、心に以前よりも構築されたように思う。


指の戯れ : 山田詠美

51w2BQWhYjsL__SS500_.jpg

愛の復讐劇。


・私はいつも同じ種族の男を選んでいた。

・リロイは華やかな友人たちの背後で、テーブルや椅子と保護色になって座っていた。

・東北弁のようなずるずると引きずる発音の仕方は聴き取るのは困難だが、
 とても性的に私の皮膚を撫でるのだった。

・私の肌はまるで澄んだスープのように彼の口に滑り込む。私は彼の
 皮膚が快楽に泡立つごとに深い満足感を味わった。

・彼の体は夜に混じって夜よりも黒くなる。

・顔全体に「悲しみ」という覆いが被さるのだった。

・彼はきっと私をこんなふうに心地良くするために生まれて来たのだ。

・私の体は確かに欲情していたが、私の心は少しも欲情していなかった。
 ファッキン(ろくでなし)なファック

・美しさと甘えだけを武器にする、この界隈によく見かける種類の女

・私の唇に選びぬかれたキスをした。

・男の匂いを嗅ぐと反射的にシャツのボタンを外すおしゃべりな私の指

・彼の顎鬚は、昔は刈り忘れた芝のように私を刺すだけであったのに、今はサンドペーパーのように私の頬を削り取る。

・私の皮膚は鍵盤になる。

・私は汗をかき目覚めた後、全身が甘く濡れているのを感じるのだった。

・その女は鍵盤じゃない!鍵盤じゃないのよリロイ!

・彼は私を憎んでいる。そして私を愛している。

・彼は私の口に自分の憎しみを押し込んだ。




ルイ子は、田舎じみたリロイ・ジョーンズを奴隷のようにもて遊んだ。
その後、捨てた。

それから少し経って、リロイはルイ子の前に帰ってきた。天才ジャズ・ピアニストとして。
今度はルイ子がリロイに恋焦がれてしまう。
手に入らないものは、手に入れないと気が済まないように、
リロイの愛が欲しい一心で。




山田詠美さんの官能的な比喩は、とってもおもしろい。

性に奔放なルイ子の気持ちもわかるが、やはりリロイの復讐めいた思いに感情移入できる。
自分を突然捨てた女を見返そうと、名声を手に入れて戻ってきた男。
田舎くさい格好から、センスのよい服装へ。何もかも完璧に。

復讐心というものは、醜いが、人を強く変える感情でもあるんだと思った。

Pagination

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。