スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向を見定める力 : フランクリン・コヴィー

houkouwomisadamerutikara.jpg

第2の習慣は、目的を持って始める「方向を見定める力」。



・第二の習慣:目的を持って始める=Begin with the end mind

・自分に送られたい弔辞を考えることは、将来に向けた「あなたの方向」を
 考える上で、とても大切なこと

・「活動の罠(日々の生活の忙しさに追われ、やっていることそのものに
  意味があるかどうかを考えないありさま)の中に自分自身を見失い、
  成功のはしごをのぼりつめて頂上に達したとき、初めてそのはしごは
  かけ違いだったと気付く人がなんと多いことだろう。
  非常に忙しい毎日を送りながらも、その活動自体が、実は自分の最終的な
  目的とは何ら関係がないという可能性が大いにあるのだ」

・人は時として「本当に重要なこと」と「時間の使い方」にギャップがあることを、
 突然、劇的な形で気付かされることがある。それが「人生の目覚まし時計」と
 いうべきアクシデント。それはリストラ、ガンの宣告、離婚要求かもしれない。
 そのとき、あなたには後悔がないといえるでしょうか?

・「方向を見定める力」は、「すべてのものは2度つくられる」という原則に
 基づいている。「二度」というのは、一度目は「知的な第一の創造」であり、そして、
 次が「物的な第二の創造」です。
 二度、というのは、一度目が「知的な第一の創造」であり、そして、次が「物的な
 第二の創造」です。この原則はあらゆる生活に作用する。何かに取り組むときは、
 この原則を意識すると、効果性が飛躍的に高まる

・あなたに行くべき方向があるからこそ、あなたの周りに起きる刺激に対して、
 正しい(あなたが本当に選択したいと思う)ことを選択することができるのです。

・マネジメントは手段に集中しており、どうすれば目標を達成することができるかを
 考えるものです。それに対し、リーダーシップは、私たちがどこへ行こうとするか、
 何を達成しようとするのかを考えること。

・リーダーははしごがかけ違っていないかを判断し、マネージャーは、かけられた
 はしごを能率よく昇ることを考えます。

・マネジメントはなすべきことをやらせる。リーダーシップはなすべきことを
 やりたい気持ちにさせる。

・売り上げや利益は「結果」であって、仕事の目的そのものにはなり得ません。
 売り上げや利益が目的ならば、あなたがわざわざ「その仕事」を選んだ意味がない

・手段そのものが目的になってしまってはいませんか?

・ミッション・ステートメントが正しい原則に基づいていれば、個人の人生にも
 揺ぎ無い方向性と安定性を与えてくれます。

・自分の中に確固たる中心を持ち、毎日の行動をそれに照らし合わせることで、
 時間、才能、資源を効果的に使えるようになる

・ベンジャミン・フランクリンは、フィラデルフィアで印刷業を営んでいた22歳の頃、
 「道徳的完成に到達しよう」という大胆で、困難な計画を思いつきました。
 そこで自分の人生にとって何が最も大切なのかを考えた

・目標を設定するポイントとして、行動や手段よりも「どうなりたい」「どうありた
 い」というように「望む結果」のほうに重点を置くといい

・人生の中で何を所有したいのか(HAVE)。
 次に、何をしたいのか(DO)
 そして最後が、どうありたいか(BE)。

・HAVEの場合はどの程度のレベルで満足するのかを意識し、DO,BEの場合は
 なぜその項目が挙がるのかを考えてみましょう。
 目標には期限を設定することが重要である。

・忙しさの罠にはまることは恐ろしくたやすい



今、この場でぼくが死んだら、どんな弔辞が読まれるだろうか。
そもそも読んでくれる人がいるんだろうか。


自分勝手に生きている。
親に迷惑かけていることも承知。
恩返しできるようになったときに、親はいないかもしれない。


それでも、自分を信じて生きている。
それだけが、ぼくの背骨に根付いて、ぼくを立たせている。


ミッション・ステートメントを書いたのは、恐らく20歳か21歳くらいのとき。
そのときからもう5年くらい経つけど、
そこまで大きくぼくのミッション・ステートメントは変わっていないのは、救いなのだろうか。



たくさんの人を幸せにできるような生き方をしたいと改めて思った。

スポンサーサイト

選択する力 : フランクリン・コヴィー社

sentakusurutikara.jpg

ベストセラー7つの習慣の第一の習慣クイックマスター。



・サミュエル・スマイルズの詩
 思いの種をまき 行動を刈り取り
 行動の種をまいて習慣を刈り取る
 習慣の種をまき、人格を刈り取り
 人格の種をまいて人生を刈り取る

・不幸せになる習慣
 一番大切なことを後回しにする
 勝ち負けという考え方
 頼れるのは自分だけ
 自分をすり減らす

・「選択する」=「責任をとる」

・物事の見方、考え方、観点、判断基準をパラダイムという

・原則は深い基礎的な真理

・インサイド・アウト=自分自身の内側から始めるというアプローチ

・成果を出すことを考えず、能力開発ばかりしていたらどうでしょう?
 肉体を鍛えたり、英語の勉強してばかりいて、成果(収入)を上げなければ、
 やがては能力開発をする余裕もなくなる

・成果をあげるための資源。人、モノ、金

・その場の雰囲気に流されて心にもないことを口走って後悔する。
 私たちには一時停止ボタンが必要。

・人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っている。

・私たちは自分の強みは伸ばそうとするが、弱点はそのままにしがちである

・ユーモアはアイロニーやパラドックスを発見し、本当に大切なことを見極める能力

・真のユーモアは単なる軽口のふざけた言動ではなく、心を軽やかな状態に保ち、
 積極的で楽しい雰囲気をもたらしてくれる

・主体性=自分の言動、人生に責任をもつこと

・反応的な人は「そのときの感情、状況、環境に左右される」が、
 主体的な人は「自分の価値観に基づいて行動する」

・蟻になってみてください。行く手を阻むものにはNOといい、ひたすら前に進み続け、
 主体的な選択を行い、常に前進しながら進み学べ

・主体性を持つということは、自分の状況そのものをつくり出すということ

・自己達成予言…心理学用語。「自分にはできない」などのマイナスの言葉を日常的に
 使うことにより、ますます「自分にはできない」というパラダイムを強く抱え、
 「できない」証拠を自分自身に定着させてしまう。

・主体性を発揮するための方法として「自分が集中し、時間やエネルギーを使ってい
 るところはどこか」を考える習慣を持つこと。
 関心の輪、影響の輪を考える。影響の輪に集中するとよい。
 自分の時間やエネルギーがどちらの輪に集中しているか考える方法のひとつに、
 「持ちたい」ことと「なりたい」ことを区別すること。関心の輪にあることは
 「持ちたい」ことが大半。

・運命は変えられると考える人には、想像力と粘りがある。



20歳ぐらいのときに一度7つの習慣を読んだ。
ぼくの仕事に対する考えがあのとき固まったように思う。

今回は復習的な意味合いで1つの習慣ずつに分けられたクイックマスターを読んでみた。


内容は当たり前だが以前読んだとおり。

自分からやれよ、全部自分の責任なんだから、という内容。(簡単すぎるけど)



今の自分にとりわけ印象深かったのが、

”成果を出すことを考えず、能力開発ばかりしていたらどうでしょう?
 肉体を鍛えたり、英語の勉強してばかりいて、成果(収入)を上げなければ、
 やがては能力開発をする余裕もなくなる”

という文。


今のぼくはこれに当てはまるかもしれないと思って、はっとした。
もっと成果を出すことを念頭に置いて、能力開発に努めるべきなんだなぁと反省。
お金の面とか、仕事上の立場の面とか、そういうことをもっと考えてこれから臨みたい。
自分ひとりで生きてるわけじゃないから。
頑張る。



Pagination

Utility

Profile

Hiro

Author:Hiro
読んだ本の記録。忘れたくない言葉。

Category

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。